【保存版】ネット通販で買える入院の持ち物、買い足しグッズリスト

アラフォーからの生前整理
アラフォーからの生前整理
スポンサーリンク

今回は、入院準備や入院中にあると便利なグッズのなかで、ネット通販で買えるものをピックアップしました。 

おすすめの人
  • 独身・単身者・おひとりさま
  • 家族や親戚に入院のサポートを頼めない方
  • 新型コロナウイルスに感染し、自宅療養中
  • 入院生活が長引いているので、病室から足りないものを買いたい方

入院の持ち物に100円グッズが活躍することはよく知られていますが、思うように身体を動かせない、入院の長期化など、100均以外の商品が必要になるシーンが出てきます。 

今回は、入院経験者の体験談をもとに、入院中だからこそ使いたいグッズをピックアップしましたので、ぜひチェックしてみてください。 

女性目線の内容になりますので、奥様や異性の家族のサポートにも役立ちます。

スポンサーリンク

入院中にネット通販を使うメリット 

入院生活・療養生活が長期化すると、最初に準備した持ち物では足りなくなってきます。 

毎回、売店(コンビニ)で買うのもそれなりにお金がかかるし、家族に買い物を頼むにも、正確な情報(売っているお店・売り場・商品の種類など)を毎回伝えるのは案外大変です。 

同居家族でも女性特有のグッズや下着を頼むのは気が引ける…。

そんなときは、普段あなたが使っているネット通販で欲しいものを購入するのがおすすめ。 

  1. 普段通り自宅に配送して、家族に持ってきてもらう。 
  2. 親戚や友人など、頼める人の自宅に送り、病院に持ってきてもらう。 
  3. 病院内のコンビニで受け取る。
    ※Amazonが発送する商品で、受け取りスポットのコンビニ・ヤマト運輸営業所のみ。
    ※ペットボトル箱買いなど、重いものは指定できない。
  4. Amazonで病院付近のコンビニを受け取り指定、外出許可が出たら自分で取りに行く。

といった選択肢があり、外出できない不自由な生活のなかでも必要なものが購入でき、サポートする方の買い出し負担を減らすことができます。 

家事全般を担っている主婦が入院すると、残された家族はバタバタ!

なるべく迷惑をかけたくない…。

なので、今回は入院生活で使う消耗品や、入院生活の困りごとを解決する商品をピックアップしました。 

  • 集団生活で気になるエチケット関連
  • 歩けない・手足が不自由でも清潔を保てるグッズ 
  • まとめて買うとコストが抑えられるもの 

を中心にご紹介していきます。 

ネット通販で買える入院グッズ

それでは、以下でネット通販(おもにAmazonを想定)で買える入院グッズをご紹介していきます。

私は、入院準備でポチったときに、途中でなくなりそうなものは「入院中に買うもの」でフォルダを作り、お気に入りに登録しておきました。

足りなくなったものをその都度検索したり、比較したりする手間が省けてサクッと注文できました。

衛生用品 

保湿ティッシュ 

「鼻セレブ」(ネピア)でも「贅沢保湿」(エリエール)でもお好みで良いのですが、箱ティッシュのほうが使い勝手が良いです。

ソフトパックは省スペースでゴミが減らせるのですが、最初と最後がティッシュを引き出しにくく、無駄になってしまうことが多いです。

手が不自由なときも取り出しにくいので、ちょっとかさばるけど、箱ティッシュがベスト。

通常ティッシュはネット通販だと10パック以上が多く、大量になってしまうのが難点です。

除菌シート 

除菌シートは、100円ショップにもあるのですが、ウエットシートのフタを付けてもいまいち取り出しにくいんですよね。

2、3枚まとめて出てきて無駄にしてしまったり、地味にストレスが大きい。

健康体であれば問題ないですが、入院中はワンプッシュで適量取れて乾燥しにくいものが便利です。

詰め替え用はこちら。

ノンアルコールタイプもあります。

エリエールのPuana(ピュアナ)も、容器がしっかりしています。

からだふきタオル

身体ふきシートも100均に売っていますが、取り出しやすさ・拭き心地・拭いたあとのさっぱり感を重視すると、介護用などのメーカー品が使いやすいです。

個包装のタイプは、必要な分だけ持ち運べるのも良いですね。

夏の汗拭きシートは粉が残ったり、香りが強かったりするので、清拭だけできる使い捨てシートで身体をさっぱりさせていました。

水だけコットン・洗浄綿

精製水をしみ込ませたコットンは、目の周りを拭いたり、口周りを拭きとるのに使います。

個包装なので、必要な分だけ持っていけます。

洗浄綿はデリケートゾーンをきれいにしたいときに使えます。

携帯用消臭ミスト 

ご家庭で使っている方も多いリセッシュは、香りが残らない携帯用があります。

シーツや枕に吹きかけるとスッキリ。

歯磨きシート・携帯マウスウォッシュ

歯磨きできないときに便利な歯磨きシート・歯磨きティッシュは大人用だと刺激が強いと感じることがあるので、赤ちゃん用がおすすめ。

お口の中をスッキリさせたいときに。1回分の個包装でかさばりません。

ショーツ型ナプキン・吸水ショーツ

女性専用になりますが、ショーツ型ナプキンや吸水ショーツは使い捨てショーツとして使えます。

生理用品やインナーなどは、家族であっても細かく頼みにくいし、家から探して持ってきてもらうのも恥ずかしい方も多いですよね。

コストを抑えたい方は、普通の使い捨てショーツにおりものシートやナプキン型の吸水パッドを組み合わても。

トイレ用品 

大部屋のトイレは、共同で使うので臭いが気になったり、自宅のトイレのように清潔さを保てない悩みが出てきますよね。

流せるおしりふき 

ウォシュレットがないときに便利な流せるおしりふき。

ベビー用品の定番でもありますが、大人用のほうが取り出しやすい気がします。

おりしセレブ(ネピア)は見た目がかわいいです。

トイレ用消臭スプレー 携帯用 

トイレの前後にシュッシュとすれば、臭いが一瞬で消えます。

病院内は無香料がおすすめですが、「トイレその後に」(小林製薬)以外は結構キツイ香りが多いんですよね。

石鹸の香りぐらいなら良いかもしれません。

ミストタイプは、スプレー音が気にならないし、かさばりません。

便座除菌クリーナー

直接座るのがためらわれるトイレの便座を除菌できるシートです。

コンパクトでかさばりません。

洗面・入浴・スキンケアグッズ 

入院中の洗顔・スキンケアは、ベッドから動けない、洗面台はあっても狭くて共同など、普段とは違う環境でやらなければいけません。

入院中の体調にもよりますが、ベッドの上でも使えるオールインワンタイプを用意しておくと安心です。

洗顔シート 

ズボラボ 朝用ふき取り化粧水シート(35枚入)

1枚で洗顔、化粧水、角質ケアができるふき取り化粧水シートです。

35枚入りなので、朝晩使っても2週間持ちますね。

寝たきりなど、洗面台まで行けないときに重宝します。

サボリーノ 目ざまシート ボタニカルタイプ フェイスパック

洗顔、スキンケア、保湿下地機能がある朝用シートマスクです。シトラス系のフレッシュな香りで朝にぴったり。

オードムーゲ 薬用ローション(160ml)

ニキビ肌だったときにふき取り化粧水として使っていました。

首筋などを拭くのにもおすすめ。

スキンケアセット 

入院中は体調や肌質が不安定になることが多いので、キュレルやミノンなどの敏感肌用のトライアルセットがおすすめ。

1,000円前後なので、気軽に買い足しできます。

トラベルセット 

同じくキュレルのシャンプー&コンディショナーセットです。

タブのトラベルキットは、シャンプー・コンディショナー・ボディウォッシュ・洗顔料がセットになっています。

男性にもおすすめ。

軽食、インスタント飲料

食事制限がなければあると嬉しい食品は、常温保存可能で個包装のものを選びましょう。

生もの、冷蔵・冷凍保存が必要なものはNGです。

ゼリー飲料 

身体がしんどいときでも飲みやすく、水分補給もできます。

インスタント飲料 

お湯があれば、お茶やカフェインレスコーヒーが飲めます。

リラックスタイムに欠かせませんね。

ラベルレスペットボトル飲料 

1日1、2本は飲むペットボトル飲料は、毎日自動販売機で買うとコストがかさむので、箱買いをするのがおすすめ。

ラベルレスであれば、捨てる時の手間も減りますね。

病人や妊婦さんにも優しいカフェインレスの十六茶。

入院中にあると便利なグッズ

使い捨て耳栓 

汚れたりなくしたりしがちな耳栓は、使い捨てタイプがおすすめ。

スマホスタンド 

スマホを見る時間が長いと、手に持つのが疲れるし、落としてしまうことも。

ベッドのフレームなどに挟み、角度が調整できるアームスタンドがあると寝ながら見れます。

ジェルボール洗剤 

病院内のランドリールームで洗濯するなら、詰め替えや計量が要らないジェルボール洗剤が便利です。

コンセントタップ USB充電ポート付き

病院のコンセントはベッドの近くで複数使えるとは限らないので、USB充電ポート付きのコンセントタップがあると充電しながら使えます。

※病室のコンセント使用は、事前に病院にご確認ください。

まとめ:入院中の負担を減らすリスト 

今回は、入院準備や入院中にあると便利なグッズのなかで、ネット通販で買えるものをピックアップしました。 

健康であれば、買い回りをして良いものを探すことができますが、入院中は心身ともに疲れやすく、行動も制限されています。 

そんな不自由な生活のなかで、あると便利なもの・足りないものを簡単に注文できるネット通販はとても便利。 

ご自身の入院はもちろん、家族や知人のサポートにもぜひご活用ください。 

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。
タイトルとURLをコピーしました