【1万円以下】3歳からのジュニアシート・補助ベルト・ブースター10選

子育てグッズ
この記事は約7分で読めます。

本記事は、ベビーシート・チャイルドシートからジュニアシートの買い替えをご検討の方向けにジュニアシートを買う前に最低限押さえておきたいポイントと、1万円以下のオススメ商品をピックアップしました。

  • チャイルドシートの種類
  • 道路交通法のジュニアシート使用義務
  • ジュニアシートの種類

などをまとめています。

ご購入の一助になれば幸いです。

関連 【高コスパ】グレコのジュニアシートは洗えるシートで簡単設置

スポンサーリンク

子どもを車に乗せるときのチャイルドシートの種類

子どもを車に乗せるときの補助シートには、おもに次の3種類があります。

  1. ベビーシート(生まれてから1歳ごろまで)
  2. チャイルドシート(1歳から3、4歳まで)
  3. ジュニアシート(3、4歳から身長140cmを超えるまで)これから選ぶタイプ

それぞれに兼用モデルがあり、なかにはベビーシートからジュニアシートまで、10年以上ロングユースで使えるものもあります。

ベビーシート・チャイルドシートに関しては、出産準備の際にいろいろ調べてご購入されたと思います。

わが家では、ベビーシート・チャイルドシート兼用モデルを使っていました。

子どもは赤ちゃんの頃からチャイルドシートが苦手・・・。

最近は窮屈になってきて、ますます嫌がるようになってきました。

なので、設置が簡単・長く使える・ほかの車にも使える・子どもが喜ぶジュニアシートの購入を検討しています!

6歳未満はジュニアシートの使用が義務化されている

6歳未満の幼児を乗せて自動車を運転するときは、チャイルドシート・ジュニアシートの着用が道路交通法で定められています。

自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。

出典:「道路交通法第71条の3第3項」(警察庁) https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzen/childseat.html

もし着用しなかった場合は交通違反となり、違反点数1点となります。(反則金はありません。)

6歳以降は交通違反にはなりませんが、 子どもの身長が140cmになるまでは着用したほうがよいとされています。

理由は、シートベルトは最低140cm以上ある人を想定して設計されているためです。

140cm未満のお子さんが大人用のシートベルトを締めると、首や顔に当たってしまいます。

また、ジュニアシートも後部座席に設置するのがベターです。

なぜなら、助手席のエアバッグが作動した場合、未成熟な子どもの体に激しい衝撃となってしまうためです。

ジュニアシートの種類

ジュニアシートは、おもに次の3種類があります。

  1. 背もたれ・ヘッドレスト付き
  2. 背もたれなしのブースターシートタイプ
  3. 大人用シートベルトを利用する補助ベルトタイプ NEW!

座席への固定の仕方は、おもに次の通りです。

  • ISOFIX固定式
  • シートベルト固定式
  • 上記のどちらにも対応するもの
  • ブースターシートは、クッションのように座面に置く

1万円以下で購入できるジュニアシート

ジュニアシートの価格帯は、3000円前後で買えるブースターシートから、5万円前後するものまであります。

あまり安いものは、安全性や耐久性が気になりますよね。

そこで、1万円以下で購入できる安全性の高いモデルをご紹介いたします。

ブースタータイプ(座面のみ)

GRACO(グレコ) ジュニアシート コンパクトジュニア カラフルドット

座面の高さを補うシートです。

背もたれ部分が不要になったお子さん向け。

持ち運びやすいので、ほかの車でも気軽に使うこともできます。

大人のシートベルトをお子さんの体型に合わせて調節できる、後述のスマートキッズベルトと併用すると、なお安全です。

補助ベルトタイプ(現在1種類のみ)

メテオAPAC株式会社 SmartKidBelt(スマートキッズベルト)

ポーランド製の新しいタイプのシートベルト補助ベルトです。

EUやUS基準でのクラッシュテストに合格し、安全認証を取得済み。

日本国内でもEマークに適合しています。

背もたれ・ヘッドレスト付き(ブースター取り外し可能)

GRACO (グレコ)は、比較的低価格帯でキャラクターやカラーデザインが豊富なのが特徴です。

ブースターシートが取り外し可能で、手洗いができるカバー付きが嬉しいですね。

内側に収納できるカップホルダーが付いていて、子どもにも好評です!

カラーズとDXの違いは座り心地の良さで、DXのほうが価格が上がる分クッション性が高くなっています。

長時間のドライブが多い方は、こちらを選んだほうがお子さんは快適に過ごせるでしょう。

GRACO(グレコ) ジュニアシート ジュニアプラス メトロポリタンGR

GRACO (グレコ) ジュニアシート ジュニアプラス カラーズ ピンク

GRACO(グレコ) ジュニアシート ジュニアマキシプラス カーズ

GRACO(グレコ) ジュニアシート ジュニアマキシプラス シャイニープリンセスPK

ここから、DXシリーズになります。

1万円を超えてしまうのですが、女の子が喜んで乗ってくれるキャラクターもの。

車のデザインとの兼ね合いもあるかもしれませんが、チャイルドシートを嫌がるお子さんは、「自分だけの特別なイス感」が高まるでしょう。

GRACO(グレコ) ジュニアシート ジュニアプラスDX マイメロディPK

これはかわいい♡

最後に、西松屋で販売されている「マムズキャリー」のジュニアシート。

1歳から11歳ぐらいまで長く使えます。

最初はベルト付きのインナークッションを使い、ジュニアシートに移行したら、車のシートベルトを通すタイプです。

商品ページによると、西松屋で販売されているカーシートは、日本国内で採用された、厳しい欧州安全基準(ECE R44/04等)に準拠しています。

マムズキャリー・ベビーFUNハーネスハイバックシートネオ

ジュニアシートのレビューをチェック

今回子どものジュニアシートを探すにあたり、実際に購入された方のネットの声を見てみました。

  • 低価格帯のジュニアシートは、ほとんどがシートベルト固定式
  • ISOFIX固定式と比べ、ガタつきや揺れが気になることがある
  • 5000円台のジュニアシートは座面が硬いことが多い
  • 市販のクッションを敷くなどで対応している
  • 子どもが好きなキャラクターのものを選ぶと、チャイルドシートでは嫌がっていた子どもも喜んで乗ってくれる。

まとめ

チャイルドシートを卒業した3、4歳以降も、法律(道路交通法)上では、6歳まではジュニアシートの着用義務があります。

大人のシートベルトが使える身長140cmを超えるまでは、お子さんの体型に合ったジュニアシートを選びたいですね。

家族以外の車に乗ることも想定して、ブースターシートやスマートキッズベルトも組み合わせるとより安全です。

わが家ではグレコのジュニアプラス カラーズを購入したので、【高コスパ】グレコのジュニアシートは洗えるシートで簡単設置もあわせてお読みいただければ幸いです。

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。