【水まわり掃除が面倒】備え付けのパーツを100均グッズに交換

家事ノウハウ
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

本記事では、洗面台・浴室の排水口、キッチンシンクのステンレスラック、洗面台・浴室の収納関連の掃除を100均グッズなどを使ってラクにする方法をご紹介いたします。

何年も試行錯誤をしてきましたが、結論は【備え付けの部品をシンプルで使い捨てできるパーツに交換すると掃除の手間が激減する】でした。

以下で実例を使ってご紹介いたしますので、ご一読ください。

関連 マスキングテープがパッキンの予防掃除に使える!どれぐらい持つ?

関連 キッチン換気扇をレンジフードフィルターとラップで予防掃除

排水口のヘアキャッチャーは100均グッズに交換

洗面台の排水口をダイソーの洗面台ゴミガードに交換

まずは洗面台の排水口です。

髪の毛などのゴミが絡まり、あっという間にぬめりからカビが生じる場所です。

もともと洗面台の排水口にはこのパーツが付いていました。

洗面台排水口の元のパーツ

これがとにかくすぐにカビてしまうし、ヘアキャッチャーのゴミをまめに取らないといけないので、分解して掃除するのが大変でした。

そこで、ヘアキャッチャーを撤去してダイソーの「洗面台ゴミガード」に交換しました。

ダイソーの掃除用品売り場には、このような「洗面台ゴミガード」「ヘアキャッチャー」が売っています。

詳細はこちら 【ダイソー】排水口の掃除が楽になる!排水口関連グッズまとめ

筆者は6個入りのこのタイプを使っています。

ダイソー 洗面台ゴミガード
洗面台の排水口にゴミガードをはめるだけ!

ゴミガードの目についた汚れはティッシュで取り、汚れがひどくなってきたら使い捨てにしています。

元のヘアキャッチャーと違ってゴミが丸見えになるデメリットはありますが、長いパーツを引き出して、分解掃除する手間を減らせるメリットのほうが大きいです!

浴室の排水口はシリコン製ヘアキャッチャーに交換

次に浴室の排水口です。

最近まで備え付けのヘアキャッチャーに100均の排水口ネットをかぶせて使っていました。

元の浴室排水口パーツ

みなさんもよくやっている一般的なやり方ですよね!

お風呂掃除のたびにネットを交換して掃除

でも、髪の毛やゴミが絡んだぬれたネットを毎回ゴミ箱に捨てるのが嫌だし、ヘアキャッチャーの穴という穴にぬめりやカビが発生するので、お風呂掃除のたびに古歯ブラシなどで掃除をする必要がありました。

また、時々ヘアキャッチャー自体の漂白も必要でした。

浴室用もヘアキャッチャーや髪とりシート、ネットなどが売っています。

そこで長年使ってきた浴室のヘアキャッチャーを撤去して、ダイソーのシリコン製ヘアキャッチャーを使うことにしました。

シリコン製ヘアキャッチャーは、表面の中央が盛り上がっていて、ゴミを捨てる際は右上の持ち手を持ってひっくり返すとカンタンにごみが捨てられるとあります。

ダイソーのヘアキャッチャー

わが家の浴室排水口には少し大きかったので、周囲をハサミでカットしました。

浴室排水口にダイソーのヘアキャッチャーをはめたところ

しかし、ぬれたヘアキャッチャーの髪の毛をゴミ箱に捨てるとなると、水や汚れが周囲にはねたりしそうなので、筆者はティッシュを使って捨てています。

持ち手に髪の毛が絡んでひっくり返してもゴミが捨てられない、裏側がすぐぬめってくるデメリットがあります。

それでも、排水口ネットの交換やヘアキャッチャーの念入りな掃除が不要になったのでラクになりました!

そのまま捨てられるヘアキャッチャーも買ってみました。

収納関連は撤去して掃除がしやすいものに交換

備え付けの収納関連はそのまま使うと汚れやすく、掃除がしにくいものが多いので、撤去して形がシンプルなものに交換しました。

備え付けの歯ブラシスタンド無印の歯ブラシスタンドに

まずは、洗面台の収納棚に備え付けられていた歯ブラシスタンドです。

6本分の歯ブラシや歯磨き粉を入れられます。

洗面台の収納棚の歯ブラシスタンド

最初は土台にキッチンペーパーを敷いて汚れたら交換していたのですが、やはり水を切ってあるとはいえぬれた歯ブラシを収納するのでカビ・底にたまるホコリが避けられません。

備え付けの歯ブラシスタンドは汚れやすく掃除が面倒

分解して掃除するのも面倒でした。

これも撤去し、無印良品の白磁歯ブラシスタンド (約直径4×高さ3cm)に1人分ずつ立てることにしました。

※ダイソーの歯みがきコーナーにも類似商品があります。

無印良品の歯ブラシスタンド

掃除をサボると底がカビてしまうことがありますが、上記備え付けの歯ブラシスタンドよりは掃除が断然ラクです!

100円ショップで何回か歯ブラシスタンドや吸盤フックを買ってみたのですが、吸盤フックがすぐ取れてしまったり跡が残りやすかったり、すぐにカビてしまったり・・・。

歯ブラシスタンドはペン・ヘアピン・菜箸・印鑑などを立てるのにも使えます。

浴室の収納棚は撤去して吊り下げ収納に

次に浴室の収納棚です。

お風呂掃除は掃除する場所が細かく広範囲で、なかなかの肉体労働ですよね・・・。

わが家の浴室にはこのような白い収納棚が3つ付いていました。

浴室の収納棚

画像にはありませんが、ボトル類や洗顔料、掃除用品などを置き、スポンジやボディタオルはステンレスピンチなどに引っかけていました。

ふだんの掃除では、棚に置いてあるボトル類はどかして掃除するものの、気が付くと角がカビていたり、棚の裏側にピンクぬめりが発生したり・・・。

そうなると棚を一度外して掃除する必要があり、これまた面倒でした。

長方形のトレーなので掃除がしにくい。

先日、この備え付けの収納棚も掃除したタイミングで思い切って撤去ししました!

浴室の収納棚を撤去。
  1. ボトル類はカランの上の棚に直置き・セリアのステンレスボトルハンキングフックで吊り下げ収納。
  2. チューブタイプの化粧品やスポンジはセリアのステンレスピンチで挟んでバーに掛ける。
  3. 洗面器・風呂イス・手桶はまとめてかけられるフック(セリア)にかける。

セリアのステンレスピンチは、キッチンや水まわりでいろいろなものを挟んで掛けられるのであらゆるものを吊るしています。

セリアのステンレスピンチ 4個入り 100円+税
ステンレスピンチや洗面道具がまとめて掛けられるフックで吊り下げ収納

ボトル類もセリアのステンレスボトルハンキングフックで吊り下げます。

セリアのステンレスボトルハンキングフックでボトルを吊り下げ収納

泡で出てくるポンプはサイズが合わないので直置きです。

キッチンシンクのステンレスラックを撤去してキャッチフックに

最後に、キッチンシンクに備え付けのスポンジや洗剤を置くステンレスラックです。

キッチンシンクのステンレスラック

長年当たり前のように洗剤・スポンジ・ハンドソープを置き、汚れたりぬめりが出てきたら掃除をしていました。

これもフックを引っかける部分や継ぎ目がぬめりやすく、外して裏側を見るとカビがビッシリだったりします。

キッチンシンクのステンレスフックはスポンジなどを収納

洗剤の底もすぐにぬめってくるのでまめに掃除する必要がありました。

細いワイヤーなのでスポンジでも掃除がしにくいんですよね!

スポンジ・洗剤ラックは100均を中心にいろいろ試しましたが、吸盤はすぐに取れてしまったり、余計にカビやすかったりしてなかなか使い勝手の良いものが見つかりませんでした。

これもベストな方法とはまだ言えないのですが、いまはダイソーの「キャッチフック」(2個入り)をシンク上部の壁に貼り、よく絞ったスポンジを貼り付けています。

ダイソー キャッチフック
ダイソーのキャッチフックでスポンジを貼り付ける

備え付けのパーツは原状回復できるよう保管しておく

上記のとおり、わが家ではもともと備え付けられていた排水口パーツや収納関係は撤去しています。

撤去した備え付けパーツたち

これらの備え付けパーツは退去時に原状回復する必要があるので、しっかり掃除してからなくさないように保管しておきましょう!

筆者はパーツごとにジップ付きケースに入れ、念のため中身の名前をマジックで書いています。

退去時に原状回復できるようまとめておく

これで引越しの際にも困りませんし、第三者にも分かりやすくなります。

まとめ:水まわりの掃除を少しでもラクに!

本記事では、洗面台・浴室の排水口、収納関連、キッチンシンクのステンレスラックの掃除を100均グッズなどを使ってラクにする方法をまとめました。

一人暮らし時代から水まわりの掃除をラクにする方法を模索してきました。

でも、結局はこまめな掃除が必須であり、備え付けパーツにカバーやネットを使うよりも、パーツ自体をシンプルなもの交換してしまったほうが掃除の時短になることが分かりました。

見た目がイマイチになるデメリットもあるのですが、掃除は水まわりだけではないのでできるだけサクッと終わらせたいですよね。。

水まわり掃除のご参考になれば幸いです。

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。