おもちゃ収納には無印ポリプロピレン引き出しがオススメ

おもちゃレビュー
この記事は約5分で読めます。

どんどん増える子どものおもちゃ、どのように収納していますか?

  • いろんなおもちゃがバラバラにしまってあり、探しにくい
  • 子どもが取り出しやすく、片付けやすいおもちゃの収納方法を知りたい
  • おもちゃ箱はリーズナブルにそろえたい
  • 成長後もほかの用途に使える収納グッズがいい

本記事では、おもちゃ収納に関するこんなお悩みをお持ちの方に、無印良品のポリプロピレンケース引き出し式を使ったおもちゃ収納方法をご紹介いたします。

大人も子どもも管理しやすい方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

無印のポリプロピレンケースの引き出しをおもちゃ収納に

わが家では、無印良品のポリプロピレンケース・引き出し式を重ねておもちゃ箱に使っています。

サイズは、約幅26×奥行37cm。

ほかにも、中に仕切りがついたものや幅が半分のハーフサイズがありますが、次の3種類の組み合わせがオススメです。

同サイズのセット売り(キャスター付き)もあります。

  • 薄型・・・高さ9cm(1個:790円、2個:1,190円)
  • 浅型・・・高さ12cm(1個:890円、2個:1,190円、3個:1,790円)
  • 深型・・・高さ17.5cm(990円)

※ポリプロピレン収納ケース用キャスター (V)4個セットはお好みで

理由は次のとおりです。

  • 子どもがおもちゃを出し入れするので、ざっくりと分かれていればOK
  • 細かく仕切りがあっても、子どもには元に戻すのが難しく、親も管理しづらい

また、色は【透明】【ホワイトグレー】があります。

インテリアには【ホワイトグレー】が人気ですが、おもちゃ箱として使うなら中身がうっすら見える【透明】がオススメです。

年に何回が開催されている無印良品週間でまとめ買いすれば、10%OFFで買えてオトクです。

LINEの友だち追加ですぐに会員証がゲットできますよ!

いままでのおもちゃ収納方法は統一感がなくバラバラ

ちなみに、無印の引き出し以前のおもちゃ収納です。

100円ショップのカゴやファイルケースを組み合わせようとするものの、ごちゃごちゃで統一性がありませんでした。

子どもに遊んだものを「片付けなさい」と言っても、片付けられるシステムではありませんよね。

これらのカゴをスタッキングシェルフに入れていたのですが、どうにもうまく片付きませんでした。

「物は分類してラベリングする、使ったら元に戻す」ことを幼いうちからやっておくと、整理整頓スキルも身につきそうです。

ポリプロピレンケースの引き出しを使ったおもちゃ収納法

そこで、無印良品のポリプロピレンケースの引き出しをまとめ買いして、キャスターを付けました。

下のほうに【深型】を配置し、あとは【薄型】【浅型】を重ねています。

おもちゃを用途や種類でざっくりと分類し、ラベルを貼っています。

はがせるラベルで中身を分類

子どもはまだ字が読めないので、イラストで描いたりもしていますが、いまのところラベルを見て戻すというよりは、引き出しを1段ずつ開けて該当のところに戻す感じです。

  • 薄型は、高さのない文房具やノート
  • 浅型は、積み木やおままごとセット
  • 深型は、ぬいぐるみや人形、数の多いレゴ

などを入れています。

レゴの収納が一番良かった!

深型引き出しのLEGO レゴ デュプロです。

3セット分あるので結構な量になります。

組み立てたものは引き出しの上に置いてあるので、全部は入らないかもしれません

引き出しを導入する前は、購入したときの箱に入れていました、、、

その辺に置いて足が当たってそのたびにガチャガチャうるさかったり、箱がボロボロになってきたり、かなりずぼらな感じでした。。

いまは、遊ぶときに引き出しごと引き出して、遊び終わったら引き出しに戻しています。

床に落ちて踏む場面もほぼなくなりました!

ラベル以外のものが入っていても気にしない

積み木も専用の箱を処分し、浅型の引き出しに入れることでスッキリしました。

おもちゃ箱の中に雑多に埋もれているおもちゃは徐々に存在を忘れて遊ばなくなりますが、引き出し式だとどこに何があるか分かりやすいので、しばらく忘れていたおもちゃをまた遊んでいたりもします。

ラベル以外のおもちゃが入ってることも多々ありますが、とりあえず引き出しのどこかに入っていればOKとしています。

場所を決めたところで、どんどん増えていきますからね・・・

おもちゃ以外にお出かけ用のバッグなどもしまえるので便利です。

おもちゃ箱を卒業しても用途がある

無印良品のポリプロピレンケースの引出式は長年販売されている定番商品でなので、家庭のあらゆるものを収納されている方も多いと思います。

シンプルで汎用性が高い収納グッズなので、おもちゃの内容が変わったり、就学して学用品が増えたりしてもそのまま使えて便利です。

実際にわが家もベビー服・グッズの収納からシフトし、数を増やしていきました。

視認性でいえば【透明】がオススメですが、長く使う予定の方は【ホワイトグレー】を選んでも良いですね。

まとめ:おもちゃ箱より引き出しが使い勝手がいい

本記事では、無印良品のポリプロピレンケース・引き出しを使ったおもちゃの収納方法をご紹介いたしました。

1つ790円からで組み合わせは自由自在なので、子どもの成長に合わせてフレキシブルに変えていけるのが良いですね。

増え続けるおもちゃの収納でお悩みの方はぜひお試しください。

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。