【トレーニング箸】いろいろ使ってダイソーに落ち着いた

子育て 100均 
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

この記事は、お子さんの箸の練習を始めたい保護者の方向けです。

トレーニング箸は、各メーカーからさまざま形状の箸が販売されていて、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

本記事では、筆者がネットでいろいろ検索して実際に購入したトレーニング箸(子供用矯正箸・しつけ箸)の使い心地をご紹介いたします。

一番子どもにフィットしたのは、ダイソーのトレーニング箸でした!

スポンサーリンク

最初に買ったのはコンビ

2歳を過ぎて、スプーンやフォークが上手に使えるようになった頃、【初めてのトレーニング箸】を買いました。

ベビー用品でおなじみのコンビのものです。
2本の箸を「おはしアシスト」に差し込み親指と人差し指を支えて使います。

早速使ってみましたが、「おはしアシスト」を嫌がり、上手く使えません。
正しく持てるようにサポートするための「おはしアシスト」ですが、うまく箸の開閉ができないのです。

中指が箸の上に行ってしまい、正しい持ち方ができませんが、指摘すると「キーーーー!!」となるため、本人に任せました。

このオレンジのがあるとうまくできない!!

コンビでいま販売されているしつけ箸は、このような形状です。
見た目の固定され感があるので、おそらくわが子には向かなそうです。

親指にリングがあるものにチェンジ

トレーニング箸の形状が合ってないのではないかと思い、次にダイカットトレーニング箸 はらぺこあおむし ADT2(1膳)を購入しました。
親指をリングに入れて、人差し指を半円の部分で支えるものです。

これも、親指をリングに入れ続けるのがどうしても嫌(思うように動かせない)なようで、ほとんど使ってくれませんでした。

正しい位置で持てるようになれば、固定されている感覚は少なくなると思うのですが、
【指が固定されて箸を自由に動かせない】状態がストレスなようで、お蔵入りとなりました・・・

この辺りは、個人差が大きいと思います。
すんなり持てている子もいますので。

ダイソーのトレーニング箸がフィットした

先日、なんとなく買ってみたダイソーのトレーニング箸。
これが一番良かったです!!

親指を乗せるだけ!簡単に持てる

ダイソーのトレーニング箸は、くまの顔の下にある緑色の「親指サポート」に親指を乗せるだけで自然に人差し指が上、中指が箸の間、残りの2本はその下で持てるようになります。

いままで中指を箸の間に入れることが難しかったのですが、無理なく正しい位置で持てるようになりました。

なによりも、【固定されてる感がない】ので、子どももストレスなく使えるようです。

これ保育園でも使いたい!

とリクエストもありました。

ほかのトレーニング箸にはなかったつまみやすい箸先

あとは、箸先に注目!!

子ども用の箸は滑り止めが付いているものが多いですが、ダイソーのトレーニング箸は、ギザギザが付いていて、豆などをつまみやすい形状になっています。
小さいものもうまくつまめるようになりました。

自分がやりたいことがスムーズにできるので、子どももうれしいようです。

箸は分解して洗浄できる

分解と組み立てが固くて力が要るのが難点。

取扱説明書

まとめ:ダイソーのトレーニング箸が意外と良かった

この記事では、【ダイソーのトレーニング箸】を中心に筆者のトレーニング箸の変遷をまとめました。

しつけ箸は子どものことを長年研究しているベビー用品メーカーのもののほうが良いと思っていましたが、わが家の場合は「親指を乗せるだけ」のダイソーのトレーニング箸が一番良かったです。

子どもの「できた!」が増えると自信につながり、食事もより楽しめるようになってきますよね。

トレーニング箸を試しているけどうまく使えない方は、ぜひ一度お試しください。

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。