【室内遊びアイデア】ダイソーのアイロンビーズを3歳とやってみた

子どもと工作・DIY
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

※2020年6月23日、最新の店舗画像を追加しました。

本記事では、【ダイソーのアイロンビーズを3歳とやってみたレビュー】をまとめました。

ダイソーには、メイキングトイの「アクアビーズ」「パーラービーズ」の類似品が「アイロンビーズ」として販売されています。

アイロンビーズはとても小さいのでまだ3歳には難しい面もありますが、集中力・手先の器用さUPにはとても有効で、はまれば集中してやってくれます。

対象年齢は6歳からです。

誤って口・耳・鼻に入れてしまうと大変危険です。

終了時は床にビーズが落ちていないかよく確認していただくことをオススメいたします。

ダイソーは「店内写真撮影OK」と明記されています。
ほかのお客様のご迷惑にならないよう、商品のみを撮影いたしました。
店舗により在庫状況は異なりますので、ご了承ください。

アイロンビーズは熱で圧着させるビーズ

ダイソーのアイロンビーズは、ダイヤブロックで有名な株式会社カワダの「パーラービーズ」の類似品です。

アイロンビーズの名前のとおり、アイロンの熱で圧着させることでビーズをくっつけます。

一方、エポック社の「アクアビーズ」は、霧吹きで水をかけてくっつけるビーズです。

どちらもキャラクターとコラボしたかわいい作品が作れるのですが、キャラクターセットを次々買っているとビーズケースが増えてしまったり、コストの割に作れる作品が少ないデメリットがあります。

ダイソーのアイロンビーズは、材料だけを安価でそろえることができるので、初めてのお試しでも、正規品の買い足しにもオススメです。

アイロンビーズはおもちゃ売り場にあることが多い

今回はダイソーのおもちゃ売り場にアイロンビーズのカラーミックスセットが4種類、ミニアイロンビーズのカラーミックスが3種売っていました。

ミニアイロンビーズ・アイロンビーズのカラーミックスセット
アイロンビーズミックスセット・プレートセット(2020年6月23日撮影)

ミニアイロンビーズは色味がパステル系できれいです。

ミニアイロンビーズ・プレートセット(2020年6月23日撮影)

パーラービーズの互換品ですが、完全には一致しません。

ミニアイロンビーズはさらに小さいので、対象年齢以下は難しそうです。

今回初めて買ったダイソーのアイロンビーズ

筆者はアイロンビーズ未経験の初心者です。

まずは、アイロンビーズプレートセット、カラーミックス(あったもの全部4種)、ビーズ収納ケース(仕切り10)を購入しました。

ビーズケースは、仕切りケースがご自宅にあれば不要です。

アイロンビーズプレートセット(ピンセット・アイロンシート付き)、カラーミックスセット、ビーズケース

カラーミックスは各カラーの袋の中にも複数の色があるのでかなり色はそろえられた! と思ったのですが、結構基本カラーになりそうな「白」「黒」「赤」「黄色」がありません。

黒がないと目が作れなかったり、ふちどりができなかったりしますね。。

アイロンビーズを3歳児と作ってみた

材料がそろったところで、3歳児と一緒にアイロンビーズを作ってみました。

できるところとできないところがありましたが、結構集中して黙々と取り組んでいました。

アイロンビーズを色分けしてケースに収納

まずは、アイロンビーズを製作する準備をします。

アイロンビーズミックスセットを袋から出して、色ごとに収納ケースに仕分けします。

同じ色の系統でも薄い、濃いものを見分けて仕分けるなど、知育効果もありそうです。

ピンセットはまだまだうまく扱えません。

なにかを始める前に整理して準備することを教えるのも大事なことですね。

ビーズ単体が非常に小さく散らかりがちなので、トレーの上で作業するとGOOD

ピンセットでつまんで色ごとに仕分けしていきます。

色の仕分け完了

色ごとに仕分けをして製作する準備ができました。

それでは、プレートの突起にビーズをはめて形を作ってみましょう。

ビーズケースの仕切りが足りず、緑はミックスされてます。フタがかたくて開け閉めしにくいです。

といっても図面がないのでネットで検索しましたが、キャラクターの顔に必須の黒がないので、とりあえず「クッキー」を作ることにしました。

子どもはやりたい気持ちが先行するものの、やはりまだ手先がうまく使えず指でやったりしています。

「茶色を4個並べるんだよ」

など、数字の勉強にもなりますね!

チョコレートクッキーを作ってみる

形ができたらアイロン中で30秒押し当てる

プレートの上に形ができたら、アイロンを中にして、アイロンシート(クッキングシートでも代用可)を載せて、30秒程度滑らすように押し当てます。

プレートからアイロンビーズを外し、裏側も30秒アイロンを当てます。

アイロンの熱でアイロンビーズが溶けてくっつきます。

アイロンをかけます

アイロンビーズが完成!

くっつきが甘いようでしたら、再度アイロンを当てます。

完成しました!

初めてのアイロンビーズ!!

子どものリクエストで食パンとぶどうも作りました。

デザイン&クオリティはいまいちですが、パーツを組み合わせてアイロンでくっつけて別の形ができるというのはとても楽しかったようです!

アイロンの当て方もコツが要るようです

ダイヤブロックのパーラービーズに下絵ダウンロードがある

前述の「パーラービーズ」公式サイトでは、アイロンビーズのレシピ「これでできちゃうシート」(図案)がダウンロードできますので、カラーで印刷して使えばさまざまな作品を作ることができます。

印刷は面倒・・・という方は、やはり人気キャラのキットが便利だし、完成度が高いです!

アクアビーズのツムツムやすみっこぐらしはデザイン的に小さい子でも取り組みやすいです。

その後アクアビーズにチャレンジしたり、

関連 アクアビーズ・アイロンビーズ関連商品を安く買う方法

たまってきたアイロンビーズ・アクアビーズ作品をフォトフレームに飾ったりしました。

関連 【100均活用】アクアビーズ作品でオリジナルフォトフレームづくり

まとめ:子どもが喜んだ! アイロンビーズ

本記事では、3歳児とダイソーのアイロンビーズにトライした様子をまとめました。

アクアビーズ・アイロンビーズ・パーラービーズは対象年齢が6歳からですが、保護者の方が一緒にサポートしながらやれば十分3歳でもできることが分かりました。

ダイソーなら1個100円+税とお試しで買うのにぴったりなので、ぜひお試しください。

大人でもはまってしまいますよ!

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。