防災グッズにおすすめ!エムールウルトラコンパクトシュラフレビュー

防災グッズ
防災グッズ
スポンサーリンク
※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

今回は、普段はクッションとして使える寝袋「エムール ウルトラコンパクトシュラフ」のレビューをご紹介します。

とくにアウトドアの趣味がない筆者は寝袋は持っていませんでしたが、毎年のように続く災害のニュースを見て避難生活にそなえて用意しようと購入してみました。

検討した商品はこちら▶ 防災グッズで寝袋を買うならクッションになるタイプがおすすめ

ただし、断捨離を経てできるだけモノを増やしたくない、管理は簡単にしたいので、寝袋以外の用途を備えたシュラフを選びました。

コンパクトシュラフの結論
  • 寝袋・掛布団・クッションの3通りに使える!
  • 寝具メーカーの寝袋なので、布団としての使い心地が良い
  • 家庭用洗濯機で洗える
  • 5,000円以下で買えるので、家族分揃えやすい

ということで、日常的に使える寝袋でした。

以下でくわしくご紹介します。

スポンサーリンク

エムール ウルトラコンパクトシュラフのレビュー

こちらがエムールのウルトラコンパクトシュラフが届いた状態です。

エムール【ウルトラコンパクト】シュラフ・クッションバージョン
エムール 【FUROSHIKI】 ウルトラコンパクト シュラフのクッションバージョン

色はグレーのみ。

ユニセックスで誰でも使いやすいデザインです。

ウルトラコンパクトシュラフのサイズ

中国製で、掛布団形状時(最大サイズ)が【140×190cm】になります。

エムール【ウルトラコンパクト】シュラフ
エムール 【FUROSHIKI】 ウルトラコンパクト シュラフのサイズ
シュラフサイズ掛布団スタイル:約幅140×高さ190cm
寝袋スタイル:約幅70×高さ190cm
クッションサイズ約幅42×高さ42cm

平均的な成人男性でもすっぽり入れました。

ウルトラコンパクトシュラフの組成(素材)

表面は抗菌加工された綿混のポリエステル生地で、中わたはポリエステル100%。

エムール【ウルトラコンパクト】シュラフの品質表示
エムール【ウルトラコンパクト】シュラフの品質表示

洗濯表示は、40℃限度洗濯機標準 ⇒ 家庭用洗濯機で洗えます。

半分に折ってクルクルと筒状にたたみ、毛布用の大きな洗濯ネットに入れて洗いました。

おしゃれ着用の洗剤・毛布コースで洗濯しましたが、まったく問題なく洗えました!

一般的なクッションとの比較

左の白いクッションが自宅にある一般的なクッションです。

エムール【ウルトラコンパクト】シュラフと、一般的なクッションとの比較
エムール 【FUROSHIKI】 ウルトラコンパクト シュラフと、一般的なクッションとの比較

サイズはほぼ同じで、クッションとしても十分に使えます。

寝袋の厚みがある分、もっちりした厚みのあるクッションになります。

たたみ方は動画で確認

ウルトラコンパクトシュラフのファスナーを開くと、寝袋部分がたたまれています。

エムール【ウルトラコンパクト】シュラフのクッションから寝袋にするところ
エムール 【FUROSHIKI】 ウルトラコンパクト シュラフから寝袋にするところ

クッションケース一体型で、収納袋を失くす心配がありません。

付属の紙に、2通りのたたみ方の動画URL(QRコード)が書かれています。

エムール【ウルトラコンパクト】シュラフのたたみ方動画
エムール【ウルトラコンパクト】シュラフのたたみ方動画

最終的に正方形になるようにたたむだけなので難しくありません。

一般的な寝袋のように極小袋にぎゅうぎゅうに押し込む必要がないので割とたたみやすいですね。

寝袋には珍しく、専用の手提げ袋付きです。

エムール【ウルトラコンパクト】シュラフの収納ケース
エムール 【FUROSHIKI】 ウルトラコンパクト シュラフの収納ケース

ウルトラコンパクトシュラフの掛布団スタイル

こちらがウルトラコンパクトシュラフの掛布団スタイルです。

エムール【ウルトラコンパクト】シュラフ・掛布団バージョン
エムール【ウルトラコンパクト】シュラフ・掛布団スタイル

すべて広げると枠に入らないので両端を折っていますが、ファスナー全開にすると薄手の掛布団になります。

サイズ的にも十分掛布団として使えます。

すべすべの手触りがとても気持ちいいです。

ウルトラコンパクトシュラフの寝袋スタイル

ウルトラコンパクトシュラフの封筒型寝袋スタイルはこちらになります。

エムール【ウルトラコンパクト】シュラフの寝袋バージョン
エムール【ウルトラコンパクト】シュラフの寝袋スタイル

最近の寝袋によくある、両腕を出すための穴が2つ開いています。

シュラフ時に腕を出せる切り込み
シュラフ時に腕を出せる切り込み

スマホを操作するときなどに腕だけを出せるので肩回りが冷えにくくなっています。

ファスナーを開閉することで温度調整可能ですね。

エムール【ウルトラコンパクト】シュラフ上部
エムール 【FUROSHIKI】 ウルトラコンパクト シュラフの腕の部分

ウルトラコンパクトシュラフのメリット

一通りチェックして洗濯してみたところで、さっそく寝袋を使ってみました。

軽いけどあったかい

薄手の掛布団状ではありますが、封筒型の寝袋にすっぽり入るととても温かいです。

毛布と違って足元まですっぽり包まれるので精神的にも落ち着けます。

屋外でプライバシーを保ちながら寝る際も良さそうです。

子どもが入ってみましたが、寒い日だったので、ずっと入ったままでしたよ。

寝袋に入ったまま出てこない…
寝袋に入ったまま出てこない…

掛布団感覚で使える

ほかの寝袋を使ったことがないので比較はできませんが、表面の手触りとふんわり感が心地よく、掛布団感覚で使えると思いました。

真冬の寒い夜に掛布団の上に重ねて寝たり、ゲストの寝具としても使えそうです。

夏場の掛布団にも良さそう。

カバー無しなので、カバーの着脱・洗濯不要。

クッションとして使っても部屋に馴染む

シンプルなデザインの寝袋なので、クッションスタイルで部屋に置いておいても違和感がありません。

出しっぱなしにできるのがいいですね。

購入時期が冬ということもあり、畳まずに寝袋スタイルのままひざ掛けなどにも使っています。

あったかい…。

コスパがいい

クッションになる寝袋のなかでは5,000円前後とリーズナブルなわりに、3WAYで寝心地がいいのでコスパがいいです。

家用、車用と分けて持つのもいいかもしれません。

ウルトラコンパクトシュラフのデメリット

機能・価格的におおむね満足のエムールのコンパクトシュラフですが、気になるところもありました。

ファスナーの開閉がスムーズでない

クッション時、寝袋時のダブルファスナー仕様
クッション時、寝袋時のダブルファスナー仕様

ウルトラコンパクトシュラフは、クッション時・寝袋時のダブルファスナー仕様ですが、YKKのファスナーではないので開閉がスムーズでないときがあります。

とくにスライダーを根元にかませるときになかなかうまく入りません。

一度入ればその後はスムーズですが、ファスナーが布団部分より先に破損しないといいなと思います。

寝袋クッションの形状上ファスナーの開閉回数が多いので、日本製のファスナーならなお良かったですね。

1枚では床が固い、寒い

今回ウルトラコンパクトシュラフは室内で使ってみましたが、屋外では真夏以外寒そうです。

夏用の掛布団が封筒タイプの寝袋になった感じなので、寝袋マットで床の固さや冷気を防ぐのはもちろん、インナーシュラフを入れて保温することが必要になります。

ということで、インナーシュラフも買い足しました。

インナーシュラフもしまい込まずに秋冬のブランケットとして活用したいと思います。

サイズ的には掛布団なのでひざ掛けには大きいのですが、寝袋よりたたみやすいので半分に折ってひざ掛けにしたりしています。

昼寝用にもぴったり♪

まとめ:普段使いできる防災グッズ

今回は、「エムール ウルトラコンパクトシュラフ」のレビューをご紹介しました。

まとめ
  • 寝袋・掛布団・クッションと、風呂敷のようにマルチに使える
  • 寝具メーカーの寝袋なので肌触りが抜群
  • 洗濯ネット使用で家庭用洗濯機で洗える
  • 5,000円以下で買えるので、家族分揃えやすい
内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事執筆時のものになります。
価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。
タイトルとURLをコピーしました