【家族で使える】セタフィル・あせも対策・日焼け止め4選!

子育てグッズ
この記事は約4分で読めます。

「子どもの保湿剤、いろいろ使ってるけど、しっくりくるものが見つからない。」

「スキンケア製品を、家族ごとにいろいろ探して買うのは面倒!」

「日焼け止めも虫よけも、いろいろあってどれがいいのか分からない」

家族全員で使えてコスパのいいローション、ボディミルクはないかな?」

本記事では、そんなお悩みを持つ方に【家族全員で使える保湿剤・日焼け止めのオススメ】をまとめました。

乾燥が気になる冬、日焼けやあせも、虫刺されが気になる夏に分けてご紹介しています。

子どもの保湿剤選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

乾燥が気になる秋冬は「セタフィル」1本!

セタフィル Cetaphil ® モイスチャライジングローション 591ml

まずは、乾燥が気になる秋冬向けにオススメのセタフィルの保湿乳液です。


591mlの大容量でポンプタイプ。
筆者が今季から使っているのですが、全身に使えてしっとりすべすべ、でもべたつきはありません。

ポンプなので、フタの開け閉めなくワンプッシュが便利です。

子どもはいままで、ジョンソンやピジョンなど、ベビー向け保湿剤を特にこだわりなく使っていました。

冬場は乾燥による肌荒れがひどかったので、小児科でワセリンやヒルドイドを処方されていましたが・・・

いまはセタフィル1本で済んでいます。

時々口周りがガサガサになってしまうため、そのときだけワセリンを塗っています。

大人もこれ1本で大丈夫!

化粧水、乳液、クリームといろいろ使わなくても、お風呂上がりと朝の洗顔後にセタフィルを塗っておけば1日中乾燥を防ぎます。

毎年乾燥による体幹のかゆみがひどかったのですが、悩まされずに冬を越しました!

大容量なので、使用量にもよりますが、3人で3ヶ月以上は使えます。
容量、価格、そして保湿力の高さに大満足です!

敏感肌用ですが、使用前にパッチテストをすることをオススメいたします。

夏場はあせもローション、虫よけができる日焼け止め

次に、春から夏にかけてのオススメ保湿剤・日焼け止めです。

春先から強くなってくる紫外線対策や虫刺され、あせもなど、春・夏は肌トラブルに見舞われがちですよね。

汗をかく季節にオススメなのが「ユースキンあせもジェル」。

ユースキンあせもジェル 140ml

できてしまったあせもはもちろん、あせもの予防に使っています。

透明なさっぱりジェルでベタベタしません。

子どもは汗っかきで大人よりあせもができやすいので、まめに汗を拭き取り、塗るようにしています。

お出かけには、あせもシートも便利です。

スキンピースファミリーハーブUVジェルa 80g a 80g

子どもが使う日焼け止めや虫よけは、できれば自然由来成分のものを選びたいものです。

また、乳幼児にいろいろな保湿剤を重ね塗りするのは難しいので、2wayタイプが便利です。

保育園登園前も「日焼け止め」「虫よけ」を塗りたいのですが、子どもは顔にいろいろ塗られるのが苦手なので、虫が嫌がるハーブ成分が入った日焼け止めを塗っています。

この手の商品は、自然派化粧品で探すと結構あるのですが、高価なものが多かったです。

例えば、アロベビー UV&アウトドアミストビッグボトルなど。

ビックサイズ2本入りが7200円(税抜)。

毎日使うにはちょっと高いと思ったので、いろいろ探してこれに落ち着いています。


「スキンピースファミリーハーブUVジェル」は、

  • 1000円未満でリーズナブル
  • ユーカリ葉油、 イヨウハッカ油、ティーツリー葉油などの虫が嫌がるハーブの香り
  • SPF35PA++
  • さっぱりしたUVジェル
  • 石けんで落とせる

と、安くて使い勝手がいいので親子で愛用しています。

1本で済むので便利ですが、虫よけ効果は低いです。

時間が経つと、ほぼないと思ったほうがいいでしょう・・・

虫よけに関しては、スプレーなども併用しています。

からだ用にはスプレーも使っています。

まとめ:目的に沿って保湿剤を選ぼう

子どもの肌は、1年を通じてしっかり保湿することが重要です。

プラス、季節に応じた紫外線や虫よけ、あせもなどの対策をして肌バリア機能を高めてあげましょう。

子育てしながらだと、ついついママやパパのスキンケアは後回しになりがち。

今回ご紹介したスキンケア商品は、大人も子どもも家族で使えるものばかりなので、ぜひ保湿剤選びの参考にしてみてください。

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。