【嘔吐物処理セットの中身】子どもの突然の吐き気にそなえよう!

子どもの健康・危機管理
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

子どもが吐いた!!

手袋にマスク、ハイター、ペットボトルどこだっけ??
急いで持ってきて片付けなきゃ!!

その前に子どもをきれいにしないと!!

本記事では、体調不良と嘔吐がセットだった子どもにそなえた【嘔吐処理セット】をご紹介いたします。

「嘔吐物処理キット」「汚物処理セット」としても販売されていますが、家庭にあるものや100円グッズで簡単に作れるので、一度まとめておくといざというときに役に立ちます。

ぜひご一読ください。

関連 夏の必需品!子どもとお出かけ便利グッズ【熱中症・コロナ対策】

関連 子どもの急な入院!困ったことやその後備えたこと

きっかけは子どもの度重なる嘔吐処理

わが子は、生まれたときから吐き戻しの多い赤ちゃんでした。

成長とともにミルクの吐き戻しは減ったものの、風邪を引くと昼夜を問わず嘔吐、咳で嘔吐、それはそれは頻繁に嘔吐の片づけをしていました・・・。

  • あるときは夜中に布団で(布団全滅)。
  • あるときは病院から自宅に戻る自転車の中で何度も何度も。
  • 初めて泡立つ歯磨き粉で歯を磨いている途中で。
  • 服薬拒否の流れで夕食ごと。

夜中に布団やシーツ、パジャマを洗ったり、子どもにシャワーを浴びせたり、間に合わずに何度も手で受け止めたり、本当にしんどかったです・・・。

また、冬場はノロウイルスをはじめとする感染性胃腸炎が流行しやすく、片付ける本人も防護しなければあっという間に感染のリスクが高まります。

嘔吐は突然来るので、その場で処理に必要なアイテムをかき集めるのも大変ですし、そのうちに自分もウイルスに触れてしまうリスクもあります。

そこで迅速に吐いたものを片づけられるよう【家庭用の嘔吐物処理セット】を作ることにしました。

【嘔吐物処理セット】の中身

【嘔吐物処理セット】の中身はこちらです。

ソフトバスケットにまとめて、キッチンの一角にそなえてあります。

画像にはありませんが、ペットボトルの空き容器も必要です。

こちらの「PDF保健所直伝 嘔吐物処理」を参考にしました。

神奈川県厚木保健福祉事務所 保健予防課作成「保健所直伝 嘔吐物処理」

処理をおこなう前には、塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)を水で希釈してペットボトルに入れておきます。
※作り置きはできません。

0.1%に希釈しておく(500mlペットボトルで、水500ml+5%の原液キャップ2杯)

神奈川県厚木保健福祉事務所 保健予防課作成「保健所直伝 嘔吐物処理」

この用紙もプリントアウトして一緒に入れてあります。

子どもが吐いてバタバタしているときに正しい処理方法をスマホで検索する余裕はありませんし、適切に処理しないと感染を広めることにもなるので、すぐに手元で確認できるように準備しています。

【嘔吐物処理セット】の中身は100均グッズが中心

【嘔吐物処理セット】と言っても、中身は一般家庭・100円ショップでそろえられるものばかりです。

ソフトバスケット・うがい受け・黒いビニール袋・使い捨て手袋・使い捨てマスク、介護用エプロンはダイソーやセリアで購入しました。

ソフトバスケット

まずは【嘔吐物処理セット】をまとめる、持ち手付きのソフトバスケットです。

持ち手付きでサッと持ち出しやすく、ウイルスが付いた服などを薄めた塩素系漂白剤(成分:次亜塩素酸ナトリウム)で漬けおきするときの入れ物としても使えます。

ダイソー ソフトバスケット

★ノロウイルスの消毒の方法
方法1
塩素系漂白剤(成分:次亜塩素酸ナトリウム)を水で薄めて、使用する。(薬剤の取扱いにご注意!)
便や吐物が付着した床等:0.1%の濃度にしたものを使用
トイレの便座やドアノブ・手すり・床等の環境消毒:0.02%の濃度にしたものを使用

方法2
85度以上の熱湯に、1分以上浸ける。(やけどにご注意!)

東京都福祉保健局 感染性胃腸炎(ウイルス性胃腸炎を中心に)★ノロウイルスの消毒の方法

うがい受け、エチケット袋、紙袋

100円ショップの介護用品コーナーなどに売っている「うがい受け」と黒いエチケット袋、紙袋(20~30cmぐらい)です。

突然の嘔吐には対応が難しいですが、吐き気が断続的に続いているときに本人の近くに置いておきます。

処理が大変なので、両方ともビニール袋(できれば消臭)をかぶせたほうが良いです。

紙袋は、吐き気が強いなかで移動しなければならないときなどに使い捨てにできます。

嘔吐物はティッシュなどを詰めウイルスが飛び散らないようにしっかりと密閉しておきます。

紙袋は小児科に置いてあることも多いですね。

エチケット袋だけでも十分かもしれませんが、「気持ち悪くなったらこれを使うんだよ。」と子どもに伝え、何度か役に立ちました。

新聞紙、古布、ペーパータオル

嘔吐物を処理するときに欠かせないキッチンペーパー、新聞紙、古布です。

古布、キッチンペーパー、新聞紙

実際に嘔吐物を処理する際に使う新聞紙や古布は、いざというときに十分な量を集められなかったりするので、【嘔吐物処理セット】に入れておくと便利です。

介護用エプロン、手袋、マスク、大きなゴミ袋

嘔吐物が手や顔、衣類に付着しないよう防護するロングタイプの使い捨てエプロン、使い捨てマスク、使い捨て手袋、大きなゴミ袋です。

使い捨て手袋は100枚ぐらい入っている透明の薄いタイプだと脱げがちなので、手にフィットするタイプが作業がしやすいです。

手袋は二重にはめてから嘔吐物処理をおこないます。

ゴミ袋も二重にして捨てるので、複数用意しておきましょう。

牛乳パックで作るちりとり

こちらは牛乳パックの空き容器で作った使い捨てちりとりとヘラです。

牛乳パックをリサイクルしたちりとり

吐いたものを集めるのに使い、そのまま捨てられます。

牛乳パックは、ビニール袋を二重にかぶせておう吐物入れにすることもできます。

ウイルスが飛び散らないように上からティッシュなどを詰めてから処分します。

お子さんが吐いたあとは、様子を見ながら水分補給を忘れずにしましょう。

まとめ:子どもがいる家庭にそなえておきたい【嘔吐物処理セット】

本記事では、わが家で実際にそなえている【嘔吐物処理セット】の中身をまとめました。

今でこそこのようなセットを置いていますが、かつては子ども・家族が吐くたびにバッタバタで、毎回必要なアイテムをかき集めるのに苦労していたものです。

ふだんあまり吐かないお子さんでも、冬の感染性胃腸炎流行シーズンなどは突然の嘔吐に見舞われることもありますので、迅速に処理できる【嘔吐物処理セット】をまとめておくと安心です。

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。