簡単お菓子作り「作ろう!きのこの山」を作ってみたレビュー

子どもと工作・DIY
子どもと工作・DIY
スポンサーリンク

今回は、明治のロングセラー商品「きのこの山」が簡単に作れる「作ろう!きのこの山」を作ってみたレビューをご紹介します。

入っているもの
  • きのこの山の型
  • チョコペン(ホワイトクリーム、ピンククリーム、チョコレート)
  • クラッカー

作り方は、チョコペンを湯せんで柔らかくして型に流し、クラッカーを挿すだけ!

お菓子作りが初めてのお子さんでも簡単にオリジナルきのこの山が作れます。

おうち時間のおやつタイムにぴったりなので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

「作ろう!きのこの山」を作ってみた

「作ろう!きのこの山」は、スーパー等のお菓子売り場にありました。

知育菓子コーナーにあることが多いです。

税込約200円でした。

「作ろう!きのこの山」
「作ろう!きのこの山」

お近くにない方はネットでも買えますよ~。

「作ろう!きのこの山」の中身です。

「作ろう!きのこの山」の中身
「作ろう!きのこの山」の中身

チョコがたは完成後に洗えば再利用できそうです。

ねんどの型として使ってもいいかもしれません。

チョコペンとクラッカーを開封しました。

「作ろう!きのこの山」の準備
「作ろう!きのこの山」の準備

それでは、きのこの山を作っていきます。

まずは、チョコペンを50度ぐらいのお湯で柔らかくします。

50度ぐらいのお湯でチョコペンを柔らかくして…
50度ぐらいのお湯でチョコペンを柔らかくして…

熱くなったチョコペンでやけどしないように注意すれば、あとは小さいお子さんだけでもできます。

チョコクリームを型に流し込んでいきます。

チョコペンを型に流していきます。
チョコペンを型に流していきます。

途中で色を変えたいときは、型をトントンするとならせます。

どんどん流し込んでいきます。

どんどんチョコを流し込んでいきます。
どんどんチョコを流し込んでいきます。

すべての型にチョコクリームを流したらきのこの柄(え)部分のクラッカーを挿します。

クラッカーを入れていきます。
クラッカーを入れていきます。

チョコクリームがゆるいのでクラッカーが倒れてしまいます。

少し固まった段階でさしたほうがいいかもしれません。

あとは冷蔵庫で30分程度冷やすだけ!

チョコクリームを入れすぎてはみ出してしまっています。

30分冷やして完成!
30分冷やして完成!

チョコクリームは型の分ギリギリで余りはありませんでしたが、クラッカーは余るので後日チョコクリームを足して作ってみてもいいですね。

なかなかカオスな仕上がりでしたが、子どもはきのこの山が作れた! と大満足でした。

手作りきのこの山が完成!
手作りきのこの山が完成!

味もおいしかったです。

箱を見ると、顔をデコったり、文字を描いたりしてさらにオリジナルのきのこの山が作れるみたいです。

ほかにもアポロやコアラのマーチなど、いつも食べてるお菓子が自分で作れるキットがありますよ。

まとめ:簡単にオリジナルきのこの山が作れる

今回は、「作ろう!きのこの山」を作ってみたレビューをご紹介しました。

まとめ
  • 「作ろう!きのこの山」は簡単にオリジナルきのこの山が作れる
  • 作れるきのこの山は少ないが、3色のチョコレートをアレンジできるので楽しい
  • 型を洗ってチョコペンを買い足せばまたきのこの山が作れそう
内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事執筆時のものになります。
価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。
タイトルとURLをコピーしました