新型コロナウイルスを乗り越えた子どもたちの未来

新型コロナウイルス
この記事は約3分で読めます。

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスは、子どもたちの生活を一変させてしまいました。

全国一斉休校、休園、外出自粛とこれまでの活動を大きく制限され、おもに自宅で過ごすことを余儀なくされている子どもたちは徐々にストレスがたまってきていることでしょう。

また、新入学・新年度を迎えても学校に行けないので学習が遅れることも大きな心配事ですよね。

そこで今回は、いまの子どもたちが「コロナのせいでできないこと」を「コロナがあったからできたこと」に変換して将来どんな大人になっていくか予想してみたいと思います。

ピンチをチャンスに変え、発想を転換するのは自分次第です。

以下の内容はすべて個人の考えになります。

事実に基づいたものではありません。

感染症対策が万全の大人になる

これまでもインフルエンザをはじめとした感染症対策は十分になされていましたが、今回の新型コロナウイルスは手洗い・うがい・アルコール消毒をしていても、そのウイルスの性質のせいか多くの方が次々と感染しています。

「ウイルス対策を徹底しないと感染し、ほかの人にもうつす可能性がある」と叩き込まれた子どもたちは、コロナが収束したあとも感染症対策を励行し、結果として今後のウイルス感染拡大を防ぐ大人になってくれることでしょう。

わが子は3歳ですが、親が口を酸っぱくいっているおかげか手洗いとマスク、アルコール消毒はしてくれるようになりました。

また、なぜいまお店が閉まっているのか、なぜ「おかあさんといっしょ」に子どもたちが出なくなったのか、なぜ保育園を休んでいるのかを説明しています。

病気ならないためにそうしていることはなんとなくは理解してくれています。

感染症が拡大したときの行動が迅速になる

子ども時代に日常的な感染症対策を徹底してきた子どもたちは、将来未知のウイルスや細菌が現れたときも、対応が後手に回らずに迅速に行動することができるでしょう。

具体的には、速やかにテレワーク・オンライン授業に切り替えて外出を控える、感染者の隔離の徹底、マスクや消毒液は配給制にするなど。

いまどうしても人間が出勤しなければできない仕事も、少しずつロボットなどで対応できていることを願います。

今回の失敗を活かした対策が、将来は迅速に取れるはずです。

オンライン学習が誰でも当たり前になっている

日本ではまだあまり普及していないオンライン学習も、今回のコロナウイルスを機にハード・ソフト面の設備が整い、有事のときにはすぐにオンライン学習に切り替えられるようになっているでしょう。

各種機器の設定やアプリを使いこなすスキルも誰もが当たり前に持っていて、学校に行けなくなっても困らない、そんな時代になっているでしょう。

有事に備え、みんな当たり前に備蓄している

今回のコロナウイルスでは、これまでも言われていたデマによる買い占めなどのパニックが横行しました。

また、マスクや消毒液を買い占めた人が即座に転売に走るなど、世の中を混乱させ、結局必要な人に必要な物資が行き渡らなくなっています。

今回の騒動を機に、食品や生活必需品だけでなく、感染症対策グッズも各自である程度備蓄しているので、慌てて買い占めたりする人はいなくなりました。

まとめ:子どもたちに明るい未来を

新型コロナウイルスにより行動が制限されているいまは、親も子も大きなストレスを感じています。

この苦境をつらいだけだととらえるか、困難を契機により良い未来を築いていくかは一人ひとりの心がけ次第だと思います。

とにかくいまは子どもたちを守り、より良い未来へ託していけるよう努めていきたいと思います。

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。