【令和の節約術】毎月の支払いからポイント還元するしくみづくり

アラフォーからの生前整理
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

2019年10月からの消費税増税、2020年のコロナ禍により「家計を見直したい!」「〇〇ペイがあふれてるけど一体どれを選んだらいいの?」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

かくいう筆者もその一人です。

日々の支払いはすでにクレジットカードや〇〇ペイなどのキャッシュレス決済を活用している方が多いと思いますが、今回は【年間の固定費・変動費をできるだけシンプルに利益(ポイント)に変える仕組み】について筆者の実践をまとめました。

ポイント二重取りなど複雑で面倒なポイ活のノウハウではなく、アラフォー主婦でも管理しやすいシンプルな仕組みを目指しています。

ぜひご一読ください。

決済手段を厳選して管理しやすいシステムづくり

筆者は普通のアラフォー主婦でお金の専門家ではありません。

近年は〇〇ペイが花盛りですが、自分の年齢のこともあるのでむやみにキャッシュレス決済手段を増やさずシンプルにポイ活できるシステムを作っていきたいと思います。

いろいろ比較検討し、以下を実行することにしました。

  1. 家族のクレジットカードを還元率の高いものに乗り換える。
  2. 現在の固定費でクレジットカード払いにできるものはクレカ払いの手続きをする。
  3. ビックカメラSuicaカードを活用する。
  4. 交通費、生活費をオートチャージしたSuicaで支払う。
  5. チャージ分のポイント還元が高い電子マネーは別で使う。

以下で詳細を見ていきましょう。

メインのクレジットカードを還元率が高いカードに乗り換える

これまでメインで使っていたクレジットカードはポイント還元がないカードだったので、これを機に還元率が高いカードに乗り換えようと思っています。

過去にガソリンが安くなるからと作ったカードですが、毎月結構な額を支払っているのにポイントが付かないのはもったいないですよね。。

これから作るなら還元率が1%以上のものを選ぶつもりです。

口座振替の支払いをクレカ払いに

いままでクレジットカード払いできるものはすでにクレカ払いにしていたのですが、家族の保険料が口座振替になっていたので、クレジットカード払いに変更する予定です。

各種保険、共済は契約時点で口座振替にしていても、クレジットカード払いに変更できるものがあります。

保険料は年間にすると高額になるのでぜひ支払いをポイント還元したいものです。

生活費を現金からキャッシュレス決済へ

これまで食費、日用品、医療費、その他雑費は、毎月定額をATMから引き出して使っていました。

クレジットカード、交通系ICカード、メルペイ、nanaco、WAON、ドラックストアの電子マネーといくつもキャッシュレス決済手段を持っていたものの、それぞれ使う前にチャージしてわずかなポイントが貯めるぐらいでうまく活用できていませんでした。

なので、今後はビックカメラSuicaカードをメインに使っていくつもりです。

ビックカメラSuicaカードのおもなポイント
  • 通常のクレジットカード払い ⇒ 0.5%
  • ビックカメラでのクレジットカード払い ⇒ ビックポイント10%
  • JR東日本の駅での支払い ⇒ 1.5%
  • JRE POINT加盟店でポイントを貯める ⇒ 0.5%
  • Web明細 ⇒ 毎月50P

Suicaが使える店を調べて、今後どこでどのように使っていくかを考えました。

ビックカメラSuicaカードを活用する流れ
  1. Suicaをクレジットカードでオートチャージして、1.5%貯める
  2. Suicaが使える店で使う

    ※交通系ICカードはほかのキャッシュレス決済より多いです。
  3. 駅ナカ・街ナカでJRE POINTを貯める
  4. 同時に貯まるビックポイントとJRE POINTをSuicaにチャージして還元する
  5. 生活費などの支払いに充てる

最寄りのスーパーで交通系ICカードが

使えないのが残念・・・

これを機にクレカ払いにするかな?

今回はビックカメラSuicaカードでしたが、全国の交通系ICカードが付帯したクレジットカードでも似た感じの使い方ができると思います。

交通系ICカードのオートチャージができるクレジットカードは使えるお店が多いのでオススメです。

amazonの支払いは現金でAmazonチャージ払い

月に1、2回買い物をするamazon(アマゾン)は、事前に現金でAmazonチャージに前払いすると、チャージ金額に応じてポイントが貯まります。

現在、初回入金5,000円以上で1000ポイントが還元されるキャンペーンをやっているので、さっそくトライしました。

約5,000円の商品を買いましたが、来月中旬に1000P還元される予定です。

クレカ払いよりは手間がかかりますが、今後も事前に現金チャージしてポイントをためようと思います。

詳細はこちら Amazonギフト券チャージを使ってみよう!初回入金で1000P

まとめ:支払い方法を見直してポイントを見直そう

本記事では、日々の支出から利益(ポイント)を生み出す仕組みづくりについてまとめました。

クレジットカード・電子マネーを駆使したポイ活、節約術は世の中にあふれていますが、日々の支払い手段を見直し、できるだけ集約することで効率よくポイントと貯めることができます。

ご自身のライフスタイルに合う支払い方法を見つけると、その後もシンプルで管理しやすくなりますので、ぜひお試しください。

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。