夏の必需品!子どもとお出かけ便利グッズ【熱中症・コロナ対策】

子どもの健康・危機管理
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

本記事では、【夏に子どもと出かける際にバッグに入れておきたい便利グッズ】をご紹介いたします。

筆者が子ども(年少)と出かけるときに実際に持ち歩いているグッズです。

以前子どもが熱中症になりかけた経験があるので、【暑さ対策】を中心に【紫外線対策】【虫対策】【新型コロナ対策】グッズをそろえています。

参考 子どもが熱中症に!?実際に起こったこととその後の対策

親子で使えるアイテムを選んでいますので、ぜひ参考にしてみてください。

夏の子連れお出かけに持っていくもの

筆者が夏に持ち歩いているグッズはこちらです。

(上)汗ふきシート、ダカラのタブレット、虫刺され薬、日焼け止め、クールタオル2枚
(下)日焼け止めスプレー、クールスプレー、子ども用マスク(予備)、除菌シート、アルコールジェル

以下で各アイテムを詳しく見ていきます。

日焼け止め、虫よけ、虫刺され関係

まずは、日焼け止めスプレー、日焼け止めクリーム、虫刺されの薬です。

日焼け止めスプレー、モモセア ベビー薬用UVクリーム、虫刺されの薬

家を出る前に子どもに日焼け止めを塗っていますが、時間とともに落ちてしまうので長時間の外出の際は塗り直しをしています。

モモセア ベビー薬用UVクリーム

モモセア UVクリーム 30gはあせも予防できる日焼け止めで、あせもと日焼けを同時に防ぐことができる優れものです。

日焼け止め特有のにおいがなく、べたつかないので子どもが嫌がらずに塗ってくれます。
(日焼け止め特有のにおいがすると嫌がって絶対に塗りません・・・)

いまのところ、あせももできていないです。

30gとかさばらず持ち運びしやすいのもGOOD。

スキンピースファミリー UVスプレー

「スキンピースファミリー UVスプレー」は毎年リピートして親子で使っています。

天然由来のユーカリ葉油で外敵(紫外線・乾燥)対策ができます。

SPF50・PA+++ながら合成香料・合成着色料・鉱物油・シリコン無添加で、べたつかず石けんでカンタンに落とせます。

首の後ろや腕など、すぐに日焼け止めを塗りたいときに広範囲にスプレーできて便利です。

関連 【家族で使える】セタフィル・あせも対策・日焼け止め4選!

虫刺され薬

親子で蚊に刺されやすく化膿しやすいので、すぐに薬を塗れるよう持ち歩いています。
(虫よけスプレーは出かける前にかけておきます。)

とくにこだわりはないですが、最小サイズでひと夏で使い切れる、手を汚さずに塗れるタイプを選んでいます。

熱中症対策グッズ

毎年対策をしないと命に関わるような暑さになっていますので、熱中症対策は意識しておこなっています。

関連 【2020年最新】ダイソーの熱中症対策グッズ・クールグッズまとめ

クールタオル

ダイソーのネッククロス(マイメロディ)とクールタオルハンカチです。

ダイソー ネッククロス、クールタオルハンカチ

本来は水でぬらすと冷感が得られるタオルですが、ぬれたタオルを持ち歩くのは面倒なのでそのまま首に巻いたり、手洗い後のハンカチとして使ったりしています。

炎天下で長く歩くときなどは、本来の用途で使うつもりです。

クールスプレー、汗ふきシート

ダイソーのクールスプレーとビオレの汗ふきシートです。

ダイソー クールスプレー、汗ふきシート2種

クールスプレーは冷たいのは一瞬ですが、歩いている途中で洋服にかけたり、チャイルドシートを冷やしたりできます。

ビオレの汗ふきシートはたまたまダイソーに売っていたものです。

100円ショップでも汗ふきシートは買えますが、パウダー入りのほうが汗のべたつきが取れてさらさらになるのでこちらを選んでいます。
(100均の汗ふきシートは普通のウエットティッシュのような感じ。)

ビオレはふいた瞬間に肌温度が-3℃になる「ビオレ冷シート」「ビオレ冷タオル」など、冷感をより感じられる汗ふきシートがあるので、真夏はそちらを選ぶようにしています。

メントール配合なので、肌の弱い方・乳幼児はご注意ください。

熱中症対策のお菓子

毎年夏になると熱中症対策をうたったキャンディー、タブレット、ゼリー、ジュースが数多く販売されています。

筆者は子どもがまだ小さいので、スポーツドリンクを持ち歩くよりは、

  • ノンカフェインのお茶かミネラルウォーター
             +
  • 塩分が補給できるタブレットやラムネ、ゼリー

を選んでいます。

理由は下記のとおりです。

  • タブレットは暑さで溶けたりせずキャンディーよりもすぐに塩分を吸収できそう
  • 長時間なめないので虫歯リスクが減らせる。
  • スポーツドリンクを飲んでくれない。 

タブレットなので少し食感が固いですが、「グリーン ダ・カ・ラ タブレット」を購入しました。

グリーン ダ・カ・ラ タブレットと原材料表示

フルーツ果汁入りで普通においしいです♥

1口サイズのゼリーも子どもが食べやすいので凍らせて持っていってもいいですね。

ダイソー 熱中症対策ゼリー

携帯扇風機もあると便利

上記の持ち物のほかに、持ち運びできる携帯用扇風機があると外で涼を取ることができます。

乾電池やバッテリーで動く電動がオススメですが、結構音が大きいのがネックです。

ダイソー乾電池式ミニファン

関連 【2020】ダイソー携帯扇風機にはどんなものがある?レビューも

新型コロナ対策グッズ

2020年以降、真夏でも忘れてはいけないのが感染症(新型コロナウイルス)対策グッズです。

アルコール除菌シート、除菌ジェル

すでにバッグに常備している方がほとんどだと思いますが、除菌グッズや予備のマスクなどは切らさないようにしています。

除菌シートの持ち歩き用は10枚ぐらいのかさばらないタイプを選んでいます。

まとめ:事前に準備しておけば夏特有のトラブルに対応できる

本記事では、夏の子連れ外出にあると便利な【暑さ対策】【紫外線対策】【虫対策】【新型コロナ】グッズをご紹介いたしました。

夏場は出かける前に子どもに日焼け止めや虫よけを塗ったり、飲み物を準備したりして手間がかかりますが、出先でも熱中症や虫刺されなど、夏特有のトラブルが頻発します。

上記でご紹介したグッズは親子で一緒に使えるグッズなので、夏の持ち物の参考になれば幸いです。

子ども乗せ自転車の暑さ対策はこちらでまとめています。

関連 【100均グッズからできる】子ども乗せ自転車の暑さ対策

関連 【100円均活用】子ども乗せ自転車の熱中症対策グッズ

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。