【コクヨ】自分と家族の情報管理ツールにオススメの2冊

アラフォーからの生前整理
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

この記事では、家族のあらゆる情報管理を担う主婦におすすめの記録ツールをご紹介いたします。

結婚して家庭を持つと、管理すべき情報が一気に増えます。
アラフォー以降は自分の備忘録としてはもちろん、他の家族のために残しておくことが重要になってきます。

そこで、今回はコクヨの 「ライフイベントサポートシリーズ」 をご紹介いたします。

※価格は2020年2月時点のものになります。

スポンサーリンク

コクヨの「ライフイベントサポートシリーズ」が便利

文房具でおなじみのコクヨから販売されている「ライフイベントサポートシリーズ」は、その名の通り、人生のあらゆるシーンで役立つ各種ノートを販売しています。

『遺言書キット』『もしもの時に役立つノート』が有名です。

  • 日々記録型
  • 長期記録型

の2種類があり、筆者は長期記録型の『からだを大事にするノート』『人とのおつきあいを大事にするノート』を使っています。

情報を記録するだけではなく、冠婚葬祭・贈答のマナーや健康に関する情報などが掲載されており、読み物としても役立つ構成になっています。

用途に合わせてさまざまなノートが販売されていますが、記録自体がおっくうになっては意味がないので、上記の2種に絞っています。

『人とのおつきあいを大事にするノート』1,080円~

『人とのおつきあいを大事にするノート』は、結婚を機に買いました。

その名の通り、お付き合いに関するあらゆる記録をまとめるノートになります。

『人とのおつきあいを大事にするノート』で記録できる内容

  • 冠婚葬祭
  • いただいたものの記録 
    結婚・出産などでやりとりが増えるので、お返しを忘れないように
  • さしあげたものの記録 
    自分が贈ったものも案外忘れがちです
  • 誕生日・記念日
  • 住所・連絡先 
    スマホやPCなどにバラバラに記録しがち。
  • 命日の記録
  • 親族表 
    人数が多いと覚えきれません。ほとんどやりとりのない人もいますが、情報共有のために
  • 家族構成 
    知ってて当たり前のことも、特に子どもへ向けて書いておきます
  • 血液型
  • 贈答の基礎知識 
    その都度ネットで調べなくてもいいので便利!
  • お年玉の記録 
    絶対忘れるので、お年玉のやりとりがあってすぐに記録
  • 手みやげメモ
  • 食べ物の好み
  • 職場でのおつきあい
  • ご近所づきあい
  • アレルギー 

これらの情報を、1冊のノートで一元管理できます。

すべての項目は記録していませんが、おもにオレンジの部分を記録し、重宝しています!
長期間にわたって記録を残せるのがいいですね。

『からだを大事にするノート』 989円~

『からだを大事にするノート』 は結婚前から記録していて、2冊目になりました。

1冊で5年分を記録することができます。

『からだを大事にするノート』 で記録できる項目。

  • 病気・ケガ 
    精密検査や入院が必要になったものが中心
  • からだ5年記録 
    大きな病気、予防接種、健診の記録
  • からだ親族表 
    医療機関でよく尋ねられる親族の体質や病歴
  • 病院リスト(診察券ファイルで代用)
  • 検査・検診 
    検査と結果の記録
  • アレルギー
    じんましんなどが出た記録や検査結果、経過
  • からだグラフ
  • 保険 
    家族分の医療保険
  • お薬メモ(お薬手帳で代用)
  • ライフ年表
  • 医療費(健康保険組合から送付される「医療費のお知らせ」で代用)
  • 予防接種(母子手帳に記録してあるので忘れることが多い、、)
  • そのほか、プライバシーを保護できるクリアファイルが付いています

『からだを大事にするノート』も、すべての項目は記録しきれないのですが、おもにピンクの項目は記録するように心がけています。

全部のページを埋めよう!!と意気込まずに書ける部分から少しずつ記録していくのが良いでしょう。

検査の結果なども、病院でもらってそのまま紛失しがちですよね。
このノートがあれば、そのまま保管場所になります。

からだに関する記録については、健康なときには必要性を感じないものですし、記録自体は正直面倒です。

でも、長期にわたって自分や親族の病歴を正確に覚えておくことは、ほぼ不可能。

アラフォー以降は、記憶力の低下や認知症リスクもあります。

なので、何かあるたびに簡単に記録を残しておくと、のちのち役立つと考えています。

アラフォー主婦のリスクマネジメント

筆者の場合は、基本的にワンオペ家事・育児なので、もしものときに備え、

自分だけが知っている情報は、家族に分かるように「見える化」しておく

ことを心がけています。

コクヨの【ライブイベントサポートシリーズ】は、長期にわたって残しておいたほうが良い項目があらかじめ網羅されています。

(その都度調べなくていい)

長期保存に適した筆記用の上質紙「コクヨ帳簿紙」を採用し、カバーも付いていますので、 10年、20年と記録を残し、いつか家族の役に立つシーンが来るでしょう。

まとめ:家族の情報は、未来のために一元管理を

この記事では、 コクヨの【ライブイベントサポートシリーズ】 『人とのおつきあいを大事にするノート』『からだを大事にするノート』 のご紹介をいたしました。

スマホやPCなどの電子媒体も良いですが、情報の一元化や網羅性、長期保存の面から考えると、やはりこうしたノートタイプで残しておくことがベターだと考えています。

筆者が実際に使ってみて、家族全員の記録媒体としてとても優秀なツールでしたので、これから家族のあらゆる記録を残しておきたい方にぜひオススメです。

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。