1冊198円~!しまうまプリントのフォトブックは低価格で高品質

買い物
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

「フォトブックを作ってみたいけど、サービスがたくさんあって選ぶのが大変!!」

「家族や友達に配りたいから渡しやすいサイズ・価格のフォトブックはないかな?」

「とにかく安く手軽にフォトブックを作りたい。」

ゆ本記事では、そんな方にオススメのフォトブックサービス「しまうまプリントのフォトブック」をご紹介いたします。

「しまうまプリントのフォトブック」のメリットは、なんといっても1冊198円(税抜)から作成できること!

しまうまプリントでフォトブックを【より安く手軽に作るコツ】とともにご紹介いたします。

業界最安値で気軽に作れる「しまうまフォトブック」

筆者も実際に何度か作っていますが、仕上がりは毎回満足!

複数冊作ってもお財布が痛くないですし、配りやすく保管しやすいです。

しまうまプリントで作成した文庫サイズのフォトブック

以下で、おもなサービス内容とオススメポイントをご紹介いたします。

文庫本サイズ24ページ1冊198円(税抜)から作れる!

低価格のフォトブックといえばワンコイン500円で作れるTOLOTが有名ですが、しまうまプリントはなんと1冊198円(税抜)から!

文庫サイズ 72ページでも498円(税抜)とリーズナブルに作れます。

低価格ながら、最新型フォトプリンターで印刷しているため圧倒的な高品質を提供しています。

この価格帯なら気軽に作れますよね。

サイズは4サイズ、24ページから144ページまで作れる

しまうまプリントのフォトブックのサイズは、4サイズ。

しまうまプリントフォトブックのサイズ
  1. 文庫サイズ 198円~   ・・・携帯に便利なコンパクトサイズ
  2. A5スクエアサイズ 298円~・・・SNSの写真向け
  3. A5サイズ 498円~    ・・・手に取ったときのサイズ感がちょうどいい
  4. A4サイズ 998円~    ・・・多目的に使える最大サイズ

※価格はすべて税抜きです。

各サイズで24ページ(最大89枚)から144ページ(最大569枚)から選べます。

オススメは、文庫本 or A5サイズで36ページ

フォトブックにする写真を選んだりレイアウトを考えたりするのも結構時間がかかる作業なので、まずは少ないページ数から選ぶと手軽に作れます

予算に応じて仕様が3種類選べる! 

しまうまプリントのフォトブックは、3種類の仕様から選べます。

しまうまプリントフォトブックの仕様
  1. スタンダード・・・レーザープリンター印刷のリーズナブルなタイプ
  2. プレミアム・・・インクジェットプリンター印刷。鮮やかで繊細な印刷が可能
  3. プレミアムハード・・・ハードカバー表紙で保存性に優れ、厚く高級感がある

筆者はスタンダードを選びましたが、紙のブックカバーが付いていて十分満足な仕上がりでしたよ!

フォトブックのフォントはPC5種類、アプリ3種類から選べ、レイアウトも豊富!

カンタン操作でオリジナリティのあるフォトブックが作れます。

PC・スマホの【アイプリ】からカンタンに作成

しまうまプリントのフォトブックは、会員登録後にPC・スマホアプリ【アイプリ】からカンタンに作成できます。

写真を選んであれば、最短3分でフォトブックがオーダーできちゃいます。

  • 注文から最短翌日出荷
  • 自宅以外の住所にも発送可能なのでプレゼントに最適
  • 発送は、メール便100円(税抜)・ゆうパック600円(税抜)
  • クレジットカード払いは手数料無料
  • そのほかの決済手数料はコンビニ後払い 200円(税抜)、ゆうパック代引き300円(税抜)※プリント代999円以下は別料金

フォトブックをよりカンタン・リーズナブルに作るコツ

文庫サイズ・36ページ・198円(税抜)を選ぶ

文庫サイズは、24ページ、36ページがいずれも198円(税抜)です。

30枚程度の写真は結構カンタンに選べるので、まずは少ない枚数がオススメです。

フォトブックにする写真は注文前に選んでおく

一番手軽なのは、スマホのカメラロールから一気に選ぶこと!

写真だけでも十分ですが、フォトコラージュなどを使って複数の写真をまとめて入れたり、文字入れをしておくと、さらに見栄えの良いフォトブックが作れます。

スマホ以外の写真を入れるときは、画面が大きいPCで作業するのがオススメ。

フォトブックは製本された本を作るので、やはりスマホの小さい画面よりもPCの画面のほうが全体を把握できて作業がしやすいです。

クレジットカード決済、メール便を選ぶ

コストを抑えることができます。

フォトブックの活用方法

子どもの成長記録に

誕生日・イベントごとにフォトブックを作ってアルバム代わりにすると、あとで見たいアルバムだけを手軽に見ることができます。

離れて暮らすおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントしても喜ばれます。

母の日・父の日のプレゼントに

いまどきのシニア世代は当たり前にスマホを持っていますが、やはり紙媒体のアルバムは思い出を振り返るツールとして優秀です。

実家で眠っていたお気に入りの写真からスマホで撮ったままになっている写真も、1冊のアルバムにまとめることでその価値が活かされます。

アルバムにしたいけど、自分ではできない・・・という両親へのプレゼントにオススメです。

昔の写真をスキャンしてアルバムに

Googleの「フォトスキャン」というアプリを使うと、紙の写真をカンタンにスキャンすることができます。

実家で眠っている分厚いアルバムのお気に入りの写真をスキャンしていつでも楽しめるようにしてみませんか?

ペットのアルバム

大切な家族であるペットの写真は、いつも写真を見れるように1冊のフォトブックにまとめておくと手軽に楽しむことができます。

旅行や料理、趣味などのライフログとして

旅行の写真だけをまとめたり、毎日家族に作ったお弁当を写真に撮ってまとめたり、趣味にまつわる写真をアルバムにしたりと、フォトブックの活用方法は無限大!

まとめ:まずは1冊198円からフォトブックを作ってみよう

本記事では、低価格・高品質で手軽にフォトブックが作成できる「しまうまプリントぬフォトブック」をご紹介いたしました。

フォトブックサービスを提供する会社は数多くあるのですが、とにかく安くカンタンに作りたい方にはしまうまプリントがオススメです。

写真プリントもL版1枚6円からできますので、筆者はアルバム作りとあわせて何度か利用しています。

ぜひこちらからチェックしてみてくださいね♪

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。