3歳のピューロランドはどう回る?実例とコツを紹介

子どもとお出かけ
この記事は約7分で読めます。

先日、2回目のサンリオピューロランドに行ってきました!

初回は2歳だった子どもも3歳を過ぎ、パレードやゲームなど楽しむことができました

今回行った場所&鑑賞したものはこちら↓

  • ぐでたまらんど
  • Sanrio Puroland×NAKED「MAGICAL SNOWⅡ」(〜キキ&ララ〜トゥインクリングツアー)(期間限定
  • キキ&ララ イルミネーション「TWINKLE SPARKLE!!」(期間限定)
  • Miracle Gift Parade(ミラクルギフトパレード)
  • ふわふわキッズランド (期間限定)

この記事では、クリスマスシーズンのピューロランドのレポートと、子連れで効率良く回るコツをご紹介いたします。

※記事内の料金は2019年12月現在の料金です。

最初にアトラクションを回っておく

サンリオピューロランドは、東京都多摩市にある屋内型テーマパーク。

季節ごとの魅力的なイベントやフォトジェニックなスポットなど、女性を中心に大変人気があり、週末や祝日は非常に混雑します。

小さな子連れの場合、待ち時間が予想されるアトラクションは、入園直後に行くとスムーズです。

当日の休止情報は事前に確認しておきましょう。休止情報はこちら

今回はまず、「ぐでたまらんど」「Sanrio Puroland×NAKED「MAGICAL SNOWⅡ」(〜キキ&ララ〜トゥインクリングツアー)」に行きました。

「ぐでたまらんど」は待ち時間なし、「キキ&ララ」は10分ほどで入れました。

「ぐでたまらんど」 の横に「~マイメロディ&クロミ~マイメロードドライブ」があるため、子どもは「マイメロディちゃんに乗りたい!」と言っていましたが、30分待ち。

前回は100~120分待ち。

子どもが飽きてしまい、待つのが大変でした。。
とてもかわいい世界なのですが・・・
大人から見ると写真撮影スポットをマイメロの車で回る感じです。

待ち時間を有料で短縮したい方は PUROPASS(ピューロパス)があります。詳しくはこちら

ここで時間のロスがあるとパレードやイルミネーションに響くため、さくっと入ります。

最初はテンションが低かった子どもですが、配布された自分のパスポートを使ってゲームを楽しんでいました。

卵を割ったり、ボーリングをしたり、卵をジャンプしてキャッチしたり、小さな子どもでも直感的に遊べるゲームです。

中で撮った写真は出口で購入することができます。

ピューロランドはパスポート料金だけでも十分楽しめます。
でも中に入ると・・・

  • 要所要所のフォトプリント(レディキティハウスオリジナルフォトフレーム税込1600円など)
  • レディキティに渡す花束(税込500円)→後で記念品がもらえます。
  • ショート連動してカラフルに光るミラクル♥ライト(税込1500円)
  • 各キャラクターのカチューシャ(税込1100円~2000円前後)
  • フェアリルウィング税込900円)など、

子どもが見たら絶対欲しくなるエンジョイグッズが随所にあり、課金・課金が続きます。事前に買いたいものと金額をチェックし予算に入れておくと安心です。

続いて、〜キキ&ララ〜トゥインクリングツアー

クリエイティブカンパニーNAKEDとコラボレーションしたキキとララのきらめく雪の世界を楽しむことができます。

プロジェクションマッピングは大人でも十分見ごたえがありました。

フォトスポットがたくさんあり、家族の記念写真におすすめです。

スタッフのお姉さんが写真を撮ってくれました。

小さいお子様におすすめ!ふわふわキッズランド

次はふわふわキッズランドがオープンする11時まで休憩しつつ、エントランスホール前でショー・パレードの必須アイテム「ミラクル♥ライト(税込1500円)」を購入。

子どもは七色に光るライトに夢中になって、ずっと手放しませんでした。

ふわふわキッズランドは、すでにピューロランドリピーターの友達におすすめされたのですが、行って正解でした!

  • 跳んだりはねたり、滑ったり、子どもが思いっきり体を動かせる!
  • 小学生までの子ども対象(乳児向けも別スペースにあり)なので、ぶつかったりする危険が少ない。
  • 各遊具に1、2名のスタッフが見守りしている。
  • 見守りの保護者以外は座って休むことができる。
すべり台エンドレス!2回目は入れ替え制に

これはとても楽しかったようで、「次に行こう」と言っても全く動きませんでした・・・

身体を動かすことが好きなお子さん、男の子にはぴったりなアトラクションです。

また、他のブログで見たのですが、子どもをここで遊ばせている間に二手に分かれてパレードの場所取りをすることもできます。

場所取りには、レジャーシート・携帯クッションがあると便利です。
というか、鑑賞目的の人はほぼ持参しています。

ショー・パレードを部分的に観覧(今回はこれで十分)

続いて、キキ&ララ イルミネーション「TWINKLE SPARKLE!!」を途中から観ました。

子どもは「何かをじっと座って鑑賞する」ことがあまり得意でないので、そんなに観ないかなと予想していましたが、まさかの釘づけ!

観覧スペースは満席で、高い場所にいる横顔のキキしか見えなかったのですが、

えーーキキってこんなにかわいかったっけ?

私の知ってる無地のワンピースを着たキキじゃない。

すごいキラキラして☆彡スターなんだけど!!

ランチは一旦外に出ました。ピューロランド内の飲食店情報はこちら↓

館内には3つの飲食店があります。

昼時はどこも行列なので、11時台に済ませるか、一度ピューロランドから出て多摩センター駅周辺でランチして戻って来てもOKです。

  • 館のレストラン(キャラクターに会える!ビュッフェスタイル)
  • サンリオレインボーワールドレストラン (フードコート)
  • シナモンロールドリームカフェ(軽食、デザート)

再入園したい旨を伝えると手の甲にスタンプを押してくれます。

Miracle Gift Parade(ミラクルギフトパレード)は途中から鑑賞。

週末だったので既に立ち見で、立ち見でも部分的にしか見えませんでしたが、子どもはまた集中して観ていました。

帰ってからもセリフをリピートしたりして、印象に残ったようです。

ミラクルライト がショーと連動して光るのもとても楽しかったようで、ライトをずっと持っていました。

これは女の子の心を絶対つかみますよね。

パレードが終わるころ、1階に移動するとちょうどバックステージに戻るキャラクター達を見ることができました。

順番に戻っていくキャラクターを間近で見て、一生懸命声を掛ける子どもがとてもかわいかったです。

3~4歳は詰め込み過ぎずに終わるのがベスト

当初計画していた予定は一通り終えることができたため、あとは子どもの行きたい場所に行きました。

前述の ふわふわキッズランドはもちろん、200円程度でできるゲームセンターだけでも子どもにとっては十分楽しいんですよね。

普段はやらないキティちゃんのポップコーン(220円)も買ってみました。

終始興奮していますが、15時近くなるとそろそろ子どもも疲れてくる頃です。

疲れる前にお土産を買っておく

朝の長距離移動から始まり、立て続けに回ったり鑑賞したりしたため、子どもはもちろん付き添いの大人が疲れてくるころです。

人混みが苦手でキラキラした世界にも特に興味がないお父さんなどはぐったりしてくる頃でしょう。。。

また、ピューロランド価格にもすっかり慣れてきています。

いろんな商品を見ても「これが○○円??」とも思わなくなり、お財布の紐が緩みがちなので、途中途中にあるショップで必要なお土産を買っておくと散財せずに済みます。

買ったお土産はこちら↓

靴下、ぬりえ付き色鉛筆、ぬいぐるみバッジ、いちご新聞

まとめ

3歳と行くピューロランドは、事前のリサーチで無理なく楽しむことができました。

【アトラクション】【パレード】【ショー】【キャラクターグリーティング】【レストラン・カフェ】【ショッピング】とピューロランドの楽しみ方は無限大!

集中力はまだあまりないけど、いろいろなものに興味が出てくる3歳頃は、午前中にアトラクションを周り、お子さんの興味に合わせてパレード・ショーを組み込むのがおすすめです。

休憩を挟みながら無理なく効率良く回れるよう、事前にチェックしてみてくださいね。

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。