お米を買ったらまとめて計量・冷蔵保存すると時短になって便利

家事ノウハウ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

本記事では、炊飯の時短方法として、買ってきたお米を一気に計量して冷蔵保存する方法をご紹介いたします。

毎回炊飯する分をあらかじめジップロックなどに小分けしておくことで炊飯準備の工程が一つ減り、時短になります。

冷蔵庫の野菜室はお米の保存場所にも最適です。

以下で具体的な方法をまとめましたので、ぜひご一読ください。

関連 【鍋炊きご飯】炊飯器でまとめ炊きをやめたらラクになった!

炊飯のたびにお米を計量するのは面倒

そろそろ夕飯の支度しないと・・・

まずお米を計量して研いでおかなきゃ。

毎回米びつを開けて計量カップで計ってって、地味に面倒なのよねー

そうだ!

今日買ってきたお米(5kg)は最初に計量して小分けにしておこう!

ということで、わが家がいつも買う5kgのお米です。

5kgのお米

精米の保存は、フタ付きの密閉容器に入れて、水気のない場所・高温多湿にならない場所を選ぶ必要があります。

夏場は冷蔵庫保存がベター

ニオイ移りを避けるために強いニオイがする食品の近くもNGです。

筆者は米びつは使わずに袋をそのまま密閉して保存し、炊飯のたびに計量していました。

今回は、この計量をまとめてやることにします。

お米を保存する袋を準備

まずは、食品をOKのファスナー付きのケースやビニール袋を用意します。(Mサイズ)

ダイソー キッチンパック、チャック付きストックバッグ

そのまま一気に計量してパッキング

次に、毎回炊飯する量を計量して、袋に詰めていきます。

わが家は毎回2合ですが、必要な合数を組み合わせるなど、ご家庭に合わせてパッキングしてみてください。

炊飯の前に計量するのも、まとめて計量するのも

やることは同じじゃない?

かえって面倒くさくない?

同じだけど、まずそこから面倒なんだよね!

袋の開け閉め回数は減るし、工程が1つ終わってることが結構重要なんだよ。

お米の袋詰めが完了

計量 ⇒ 袋詰め を続けること17回。

1回分で密閉

すべてのお米を計量して密閉しました。

2合分だと17袋ありました。

収納ケースからあふれる2合17袋のお米

まとめて野菜室に入れて完了

袋に詰めたお米をまとめて野菜室に移動して作業完了です。

野菜室で冷蔵保管

これで炊飯の前にこの袋を取り出すだけで、すぐにお米を研ぐことができます。

今回は無洗米を買ったので、必要な水を入れるだけで準備完了です。

お米の計量・冷蔵保存のメリット・デメリット

いままで当たり前のように炊飯の直前に計量していたお米ですが、買ってきた日に一気に計量して冷蔵庫保存をすることで、次のメリットがありました。

  • 毎回袋を開閉して計量する工程がカットできる
  • 炊飯前に冷蔵庫から袋を取り出すだけで炊飯の準備を始められる
  • 冷蔵庫なのでお米の保存場所に適している

デメリットは冷蔵庫の場所を取ることです。

筆者は買ってきた野菜はカットして冷凍保管するものが多いのであまり野菜室は満室にならないのですが、お米を入れるある程度のスペースが必要です。

お米の保存方法としてはペットボトルに入れる方法もありますが、お米がこぼれないようにペットボトルに詰めたり、毎回計量する手間があったりするので今回の方法がベストでした。

まとめ:料理の時短にオススメ

本記事では、炊飯の時短として、買ったお米を一気に計量して冷蔵保存する方法をご紹介いたしました。

結論から言うと、「もっと前からやれば良かった!!」です。

一定の温度が保たれる冷蔵庫はお米の保存場所にベストですし、毎回袋を開けてお米を計量しなくて済むだけで炊飯のハードルが全然違います!

ほかの家族にも炊飯準備をお願いしやすくなりますので、ぜひお試しくださいね♪

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。