【ラップで予防掃除】掃除がしにくい洗濯機まわりをラクに掃除する

家事ノウハウ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

あなたは洗濯機周辺の掃除をしていますか?

洗濯槽はカビが生えやすいので洗濯槽クリーナーで定期的に掃除している方は多いと思います。

でも、洗濯機本体や収納ラックは物が常に詰まっていることもあってなかなか掃除が行き届かない方も多いのではないでしょうか?

本記事では、そんな【洗濯機周辺のラップを使った予防掃除】をご紹介いたします。

汚れを掃除したあとにラップをかぶせておくと、次回はラップを取り替えるだけで済みますので掃除の手間がかなり軽減されます。

ぜひご一読ください。

関連 キッチン換気扇をレンジフードフィルターとラップで予防掃除

関連 マスキングテープがパッキンの予防掃除に使える!どれぐらい持つ?

洗濯機周辺は想像以上に汚れている

家の掃除は何カ所もあるので、なかなか洗濯機周辺までは行き届かない方も多いと思います。

洗濯機の配置場所や洗濯関連グッズの収納方法にもよりますが、洗濯機まわりは知らず知らずにホコリがたまっています。

わが家の洗濯機は縦型洗濯機ですが、たとえば洗濯機のフタの奥。

洗濯機のフタの奥

ホースが挿さっている辺りですね。

各パーツの細かい隙間にホコリが積もって掃除がしにくいです。
(画像はラップで予防掃除をしていたのでまあまあきれいですが、何もしないとホコリだらけです!)

上に洗濯かごがあって掃除がにしくい!

続いて洗濯機のフタを開けたところです。

洗濯機のフタを開いたところ

〇で囲った部分は毎回ホコリで汚れています。

フタの前部のフィルターを外してみると、やはりホコリが積もっています。

フィルターを外すとホコリ!

忘れがちなコンセントや洗濯機のホース、今回画像にはありませんが、洗濯機の防水パンもかなりホコリがたまっています。

コンセントやホースにもビッシリホコリ

1回きれいに掃除をして、掃除がしにくい箇所にラップをかぶせる

これらの場所を1回きれいに掃除します。

洗濯機ラックや洗濯かごもふだんは気になりませんが、ホコリでざらざらしていますので、きれいに拭いておきます。

一通りきれいになったら・・・

こんなふうにラップをかぶせます。

フタの裏も忘れずにラップをかける

奥のほうにあるコンセントや細かくワイヤーにホコリがたまりがちな洗濯機ラックにもかぶせておきます。

コンセントの挿入口には直接かけないようにしています。

予防掃除完了! 次回はラップを交換するだけ

洗濯機周辺のホコリがたまりやすい場所にラップをかけ終わりました。

正直見た目は悪いですが、わが家は来客が少ないので問題ないです。

これからもホコリは同じように積もっていきますが、次回からは定期的にラップを交換すれば掃除完了です!

ラップを交換する際は、積もったホコリが舞うのでマスクをしたほうが良いです。

まとめ:掃除がしにくい・行き届かない場所は一工夫を

本記事では、ラップを使った予防掃除として洗濯機周辺を掃除した実例をまとめました。

ラップを使った予防掃除は、家のあらゆる場所で使えます。

冷蔵庫の上、キッチン換気扇のフタ、しばらく使わない子どものおもちゃなど・・・

ホコリをよけたい場所で便利に使えるので、ぜひ参考にしてみてください。

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。