【備忘録】子どもの歯科定期検診メモ 3歳からのポイント

子どもの健康・危機管理
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

4ヶ月に1回の子どもの歯科定期検診に行ってきました。
歯科医師からのお話を、備忘録として残しておきます。
3歳を過ぎると、虫歯だけでなく歯並びや矯正など気になることが増えていきます。

虫歯は幸いなし

今は【予防歯科】が定着しています。

今まで、

  • 1歳すぎに区役所で行った【フッ素塗布】
  • 1歳6ヶ月健診・3歳児健診の歯科検診
  • 保育園での年2回の定期歯科検診

がありました。

うちは歯みがきが本当に苦手で・・・
一時は必死に押さえて仕上げ磨きをしていました。
仕上げ磨きの時間が今でもゆううつです。。

いろいろあって遅ればせながら、かかりつけの歯科医を見つけ、
【フッ素塗布】と【定期歯科検診】を継続しているところです。

今回も、虫歯はありませんでした。
甘いお菓子やジュースが増えてしまっていたので、内心ヒヤヒヤしていました。

歯医者さんのお話

  • 虫歯菌は1歳半ごろまでに父母・祖父母など、近い人から感染すると、
    生涯減ることも増えることもない。
    消えることもない。
    よって、虫歯リスクが高まる。
  • 1歳半を過ぎると虫歯菌(おもなものはミュータンス菌)の感染リスクは減るが、乳歯の虫歯の進行は大人よりも早い。
    あっという間に穴が開いてしまうこともあるので、早期発見が大切。
  • 1歳ごろまでは虫歯菌は口内にいない。
    しかし、もともと虫歯菌が多い体質もある。
    虫歯菌の検査が必要。
  • 甘いお菓子やジュースの制限は特にはない。
    食べたあとは、歯みがき>ブクブクうがい>お茶や水などの中性の飲み物で洗い流すように飲むを行う。
    もちろん、歯みがきがベスト
  • 乳歯が生えそろうと一番奥が虫歯になりやすい。
    歯ブラシも届きにくいので、フロスを使うと良い。
  • 歯列矯正を考えるタイミングは、6、7歳ごろ。
    乳歯の奥歯の奥の永久歯が生え始め、下の前歯→上の前歯の順番で乳歯が抜ける。
    このタイミングだと将来のあごの発達(永久歯が歯並びよく生えるスペースがあるか)が予測できるため。
  • 今は永久歯が生える前(4歳ごろ)に矯正をすることがトレンド(入れ歯のようなものを付ける)だが、先生個人としては根拠がないので不要との見解。

親からの感染は回避できた?引き続き予防歯科を継続したい

虫歯は「感染症」。
虫歯菌(ミュータンス菌)・歯周病菌は、3歳ごろまでの感染すると一生虫歯・歯周病リスクが高まることを学んでいたので、両親とも虫歯があった私たちは、感染予防を徹底してきました。

私が徹底しても、感染リスクはゼロにはできないのですが、とりあえず子どもの虫歯リスクを1つ減らすことができたのかなと思います。

歯の健康に関しては、虫歯だけでなく、歯並び、歯周病と生涯にわたってあらゆるリスクがあり、毎日の歯みがきと正しい食生活、定期歯科検診が大切です。

引き続き、自分も含めて予防歯科を行っていきたいと思います。

私は幼い頃から歯医者通いで、それはそれは痛い思いをしました。
まさに乳児のときに虫歯菌が感染したのだと思います・・・
子どもには同じ思いをさせたくないですね。

わが家の愛用デンタルグッズ

1歳の歯みがき教室で紹介されてからずっと愛用しているのがチェックアップジェル。
仕上げ磨きのあとに、米粒くらいを歯ブラシにつけて歯全体に付けるといいと教わりました。
うがいができない時期でもこの量なら大丈夫とのこと。
歯ブラシはずっとアカチャンホンポの仕上げ磨き用を使っています。


キシリトールタブレットは、歯みがきイヤイヤの救世主でした!
歯みがきを頑張ったご褒美として、今も有効です。

まとめ

虫歯菌の感染は、親の心がけ次第で十分防げるものです。

正しい食生活と歯磨きの習慣を今のうちにつけておくことで、子どもの虫歯・歯周病リスクは減らせることを常に頭に置きつつ、子どもの歯の健康を守っていきたいです。

歯の健康に関しては、かかりつけ医の先生にご相談くださいね。

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。