2020年最新!こどもの国で動物ふれあい・乗り物三昧のレビュー

子どもとお出かけ
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

本記事では、秋深まる11月某日にこどもの国(神奈川県横浜市青葉区)に行ってきたレビューをまとめました。

今回年少児と遊んだ場所
  1. ポニー牧場で乗馬
  2. 雪印こどもの国牧場で牛・羊にえさやり
  3. 自転車のりばで自転車三昧
  4. 初めてF1バッテリーカーにチャレンジ
  5. ゆうぐひろば タイムトラベルで遊ぶ
  6. ミニSL太陽号に乗車

と盛りだくさんの1日でした!

こどもの国(横浜)はどう回る?幼児におすすめの3ルート紹介で事前に考えていたルートに基づいて回りましたが、やはり広大な敷地なので1日では遊びきれません。

新型コロナウイルス感染症対策や、各地でかかった料金、時間もあわせてまとめましたので、こどもの国へ行く際のご参考になれば幸いです。

こどもの国の新型コロナウイルス感染症対策は?

こどもの国の公式サイトによると、おもに下記の新型コロナウイルス対策を実施しています。

  • 園内バスあかポッポ号・ミニSL太陽号は、座席間隔を開けて運行
  • レストランは座席数を減らして営業
  • マスクの着用
  • 園内では人と人との適度な距離を保つ
  • 動物を触る前後・遊具で遊ぶ前後は、手指の石けん手洗い・アルコール消毒を推奨

来園者の方もみなさん感染症対策をしっかりされていますが、人気のある遊具などはやはり子どもたちが密集してしまうのが心配ですね。

1年ぶりのこどもの国

2020年11月某日、開園時刻を少し過ぎたところでこどもの国に到着しました。

電車で向かう予定でしたが、急きょ車の移動となり、正面駐車場(1日1,000円)に停めています。
(帰りは満車になっていました)

こどもの国 正面入口(2020年11月某日)
こどもの国 正面入口(2020年11月某日撮影)

入園料を支払って、さっそく入園!

大人:600円×2、幼児:100円×1=1,300円

こどもの国内は、ほぼ現金払いでした。

一部の自動販売機では、電子マネーに対応しています。

正面入口左側には、レストラン「さんかくぼうし」があります。

ランチはここに戻るか、ポニー牧場のポニー喫茶、売店の軽食などで食べられます。
※売店のスナックコーナーは土日祝のみ。

こどもの国 レストランさんかくぼうし、カステラ販売車
こどもの国 レストランさんかくぼうし、カステラ販売車

動物と触れ合い

ポニー牧場で乗馬、えさやり

まず最初に、子どもの希望であるポニーには乗っておきたいので、ポニー牧場まで向かいます。

古いトンネルを抜けて…。

正面入口を右手に歩くとトンネルがある
正面入口を右手に歩くとトンネルがある

しばらく歩くと、ポニー牧場に到着。

券売機でチケットを購入します。

  • 子ども(2歳~小学校6年生まで):400円
  • 大人(中学生以上):550円
  • 親子乗馬(1歳から5歳までの子どもと中学生以上):800円

こども動物園とのセット券500円、乗馬回数券12枚つづり4,000円を買うとお得です。

子どもは一人で乗りたいとのことで、親子別でポニーに乗りました。

ポニー牧場で乗馬

ピンク色の柵はフォトスポットで、係の方が撮影のために止まってくれます。

午後からは逆光になるとのことなので、撮影するなら午前中がおすすめ。

牧場の脇ではポニーにえさの人参(1カップ100円)をあげることができます。

直接あげるのが怖い子は、筒に挿してあげることができます。

ポニーにえさやり にんじん1カップ100円
ポニーにえさやり にんじん1カップ100円

ポニー牧場の下には「こどもどうぶつえん」があります。

ポニー牧場を降りるとこどもどうぶつえん
ポニー牧場を降りるとこどもどうぶつえん

雪印こどもの国牧場で、牛と羊にえさやり

今回は、前回行けなかった場所を回りたいのでこども動物園は行かずに、雪印こどもの国牧場に向かいます。

雪印こども牧場では、乳絞り・バター作り・チーズ作りなどの体験ができます。

乳絞りは土日祝の11時・14時の先着順で、たくさんの子どもたちが行列を作っていました。

子どもはまだ小さいので、えさやり(1カップ100円)と乳絞りの疑似体験のみやりました。

雪印こどもの国牧場で牛と羊にえさやり

牛は危ないので竹のへらを使いますが、羊はそのまま斜めの板に滑らせます。

牛の保育園では、牛の赤ちゃんもいます。

雪印こどもの国牧場の羊と牛の赤ちゃん

雪印こどもの国牧場の隣には「こども遊牧場」があり、広い原っぱで思いっきり遊べます。

この日は少なかったですが、前回行ったときは家族連れの色とりどりのテントが張られていました。

こども遊牧場の見晴台
こども遊牧場の見晴台

ミルクプラントで一休み

次に隣のミルクプラントへ移動し、名物のソフトクリームを食べます。

ミルクプラントの売店でソフトクリームを買う。380円
ミルクプラントの売店でソフトクリーム(380円)を買って一休み。

11月なので人はまばらですが、牧場へ来たらぜひ食べておきたいですね。

牛乳製造工場を外から見学することもできます。

自転車のりばで乗り物三昧

自転車のりば

次に、自転車のりばに向かいます。

この時点で11時15分過ぎ。

早めの昼食か乗り物に乗るか迷いましたが、乗り物に乗ることにしました。

窓口で「のりもの回数券」を2,000円分購入します。

こどもの国 乗り物回数券
こどもの国 乗り物回数券 1,000円(100円×12枚)

のりもの回数券は、1,000円で100円券が12枚付いています。

  • 自転車のりば(各大人200円、子ども100円)
  • ボートのりば
  • ミニSL(1人300円)
  • 園内バス(1人300円)
  • トレジャーキングダム
  • ビックローラー

で使えます。

家族で乗り物に複数乗りたい方は買っておくとお得です。

たとえば、園内バスを3人で乗ると300円×3=900円かかるので、結構すぐに使い切ってしまいます。

まずは、「ローリングサイクル」に乗ってみました。

人力のジェットコースターのような乗り物です。

乗った人がペダルをこぎながら進み、アップダウンやカーブでは結構スピードが出て楽しめます。

自転車のりば ローリングサイクル
自転車のりば ローリングサイクル

子どもには怖いかな…ペダルも届かないしと思っていたら、とても楽しかったようで歓喜の声を挙げていました。

上の黄色いレールは「へリサイクル」で、こちらにも3人で乗りました。

ジェットコースター気分を味わえます

2人乗りでペダルをこぎながらレールを進みます。

高さがあるので見晴らしがいいです。

とてもエコな乗り物ですね!

昼食休憩

ここでランチにします。

自転車のりばには、軽食を提供する売店とテーブル席があり、事前に購入したお弁当を食べました。
※スナックコーナーは土日祝日のみオープン

バッテリーカーとおもしろ自転車

引き続き、乗り物を楽しみます。

子どもの希望で「F1バッテリーカー」。(200円・現金のみ)

いつもこの手の乗り物は親と一緒に乗っていて一人で乗るのは初めてだったのですが、迷うことなくコースを進んでいました!

4~12歳向けのバッテリーカー 200円

最後は、おもしろ自転車です。

おもしろ自転車
おもしろ自転車

10分間、3輪車や二人乗りの変わった自転車が乗り放題です。

自転車に乗り慣れてないと、小さい子は1人では難しいですね。

車輪が小さいので、大人でも進むのにやたら時間がかかったりして結構疲れます。。

ゆうぐひろば・ミニSL太陽号

ゆうぐひろば タイムトラベル

ここでいったん正面入口に戻り、広場でやっていたショーを見たりしながらゆうぐひろば タイムトラベルへ移動します。

昼食後、歩く距離が結構あるのでぐずってくる頃ですが、楽しそうな遊具を見てテンションマックス!!

ゆうぐひろば タイムトラベル
ゆうぐひろば タイムトラベル
ゆうぐひろば タイムトラベル プテラノドンのすべり台

タイムトラベルのネーミングどおり、過去や未来をモチーフにしたカラフルなデザインの遊具です。

ちびっこゾーンとわんぱくゾーンで年齢別にエリアが分かれており、安全に遊べます。

…とのことでしたが、実際は小さい子も大きい子も混ざってるし、かなり混み合っていました。

このターザンロープは平行のロープと角度が付いているロープの2種類がありましたが、やはり人気で行列ができていました。

ゆうぐひろば タイムトラベル内のターザンロープ

最後はミニSL太陽号に乗車

ゆうぐひろばでもっと遊びたい子どもでしたが、そろそろ帰る時間も近づいてきました。

片道1時間以上かかるので、親子の体力を残しておかないといけません。

最後に、ゆうぐひろば タイムトラベルの横にあるミニSL太陽号に乗ります。

15分間隔で運行していて、土曜だったので増発便がありました。

大人・子どもともに1人300円で、のりもの回数券は残り2枚。

SL太陽号に乗る

ミニSL太陽号は、汽笛の音がリアルで蒸気も出ます。

踏切を通ったり、トンネルを抜けたり、景色を見たりして最後まで楽しむことができました。

見た目もとってもキュートですよね!

まとめ:2回目でもまだまだ遊びきれないこどもの国

本記事では、2020年秋に年少児とこどもの国で遊んだ様子をまとめました。

途中で小雨が降ったものの、気候も良く園内の紅葉も楽しむことができました。

ポニー・自転車・遊具・SLと目的を絞って回りましたが、広大な園内はまだまだ遊びきれなかったです。

子どもの成長とともに楽しみ方も変わってくると思いますので、またぜひ来園したいと思います!

▼詳しいアクセスはこちら▼

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。