【キッズカメラレビュー】 タッチパネルだからスマホ感覚で使える

おもちゃレビュー
おもちゃレビュー
スポンサーリンク

スマホのカメラで写真を撮りたがる子どもに、初めての子ども用デジタルカメラ(キッズカメラ・トイカメラ)を買ってみました。

キッズカメラは選びきれないほどたくさんの商品販売されているのですが、そのなかでも

  • そこそこの高画質(プリントしたときに粗くない)
  • 自撮りができるデュアルレンズ(今のキッズカメラはほとんどあります)
  • 5,000円前後でタッチパネル

のキッズカメラを選びました。

実際に使ってみると、とても軽いし、カメラ自体がシリコンで覆われていて衝撃に強く、ちゃんとタッチパネルでした!

キッズカメラがどんな感じか知りたい方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

キッズカメラの中身とセットアップ

今回買ったキッズカメラはこちらです。

中身はこちら。

キッズカメラの中身
カメラ本体(シリコンカバー)、レンズキャップ、USB充電ケーブル、ネックストラップ2種、ストラップ、マイクロSDカード、カードリーダー、日本語説明書、ステッカー

マイクロSDカードが付属しているのですぐに使えます。
※SDカードを挿入しないと使えません。

カメラ保護カバーを外すと、デジタルカメラ自体がシリコンで覆われています。

カメラ自体がシリコンでカバーされているの。物理ボタンは2つ
物理ボタンは2つ。

これなら子どもが落としても、普通のデジカメよりはダメージが少なそうです。

タッチパネル式なので、ボタンは【電源】【シャッター】の2つ。

子どもでも分かりやすいです。

デジタルカメラのセットアップ

さっそく、付属のマイクロSDカードを本体に挿入します。

カメラ本体にマイクロSDカードをセット
カメラ本体にマイクロSDカードをセット

中国製はこの差込口がすぐだめになったりするので、慎重に…。

続いて、保護カバーにネックストラップを付けてレンズキャップをはめます。

カメラの準備
カメラの準備

電源ボタンを長押しするとメニュー画面が出てきました。

タッチパネルのメニュー画面
タッチパネルのメニュー画面

ここからは、スマホのようにタッチで操作が可能です。

画面は3インチあるので、コンパクトデジカメとそう変わりません。

メニューボタンが漢字とカタカナなので子どもは読めませんが、イラストがあるので大丈夫でしょう。

「設定」で日付と時間を設定します。

これで撮影した写真に日付が表示されます。

「シーンモード」です。

シーンモード画面
シーンモード画面

3種のカラーフィルターと29種の装飾ステッカーから選べます。

右下の顔マークをタッチすると、プリクラ風の写真が撮れます。

右下の顔マークを押すと装飾画面が出てくる
右下の顔マークを押すと装飾画面が出てくる

「ゲーム画面」です。1つだけ入ってました。

ゲーム画面。ゲームは1種類。
ゲーム画面。ゲームは1種類。

実際に子どもが撮った写真

自分のカメラを片手に初めて撮った写真です。

子どもの目線、おもしろいですね。

ちびっこカメラマン、セッティングや構図も気にしています!

シルバニアファミリーを撮ってみる 「画面に収まるように撮ろう」
シルバニアファミリーを撮ってみる 「画面に収まるように撮ろう」

せっかくの保護ケースですが、使いづらいらしく取ってしまいました。

その後の様子

1日で150枚以上撮った子どもですが、一緒にデータを見ていたら間違えて「全データを消去」してしまいましたーーー。

上の写真ももちろん消えてしまいましたが、本人は特にショックを受けるようすはなく、すぐに写真を撮っていましたよ。

マイクロSDカードはロック機能がないので、こまめに親がバックアップ?

カメラ保護カバーは付けてないですが、失くしやすいレンズキャップにストラップを付けて固定してみました。(自分のデジカメでもよくなくすため)

レンズキャップの穴にストラップを付けてカメラ保護ケースに固定
レンズキャップの穴にストラップを付けてカメラ保護ケースに固定
  • 子どもがデータを間違って消すリスクがある。
  • 画面を長く見ているとバッテリーがすぐ消耗する。

という点もありますが、まあ、おもちゃなのでそこまでの機能を期待してもしかたないですね。

まとめ:これからが楽しみなキッズカメラ

今回は、初めてのキッズカメラのレビューをまとめました。

子ども用のデジタルカメラは、軽さやサイズ感、デザイン、シリコンで覆われていて衝撃に強い面など、小さい子どもが使うことをよく考えられていました。

子どもは自分のカメラを持てたことで大喜びでしたし、これからお出かけの際に自分が気になった被写体を撮ることができるようになったことで、楽しみも増えることでしょう。

あとは耐久性ですが、できるだけ長持ちすることを願います。

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事執筆時のものになります。
価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。
タイトルとURLをコピーしました