【解決済】iPhoneのメモアプリで書類スキャンができない!

雑記
この記事は約4分で読めます。

今ごろ知ったのですが、 ios11 以降のiPhoneのメモアプリでは、書類スキャン機能が使えます。

さっそくスキャン機能を使うことにしましたが、筆者のiPhoneのメモアプリではスキャン機能(「+」やカメラマーク)がどうやっても出てきませんでした。

この記事では、iPhoneのメモでスキャン機能が使えなくて困っている方向けに、方法とポイントをご紹介いたします。

iPhoneのメモは最近機能で使うと、とても便利です!

メモアプリのスキャン機能の出し方

まずは、手っ取り早く答えを知りたい方のために、方法をまとめておきます。

  1. iPhoneの設定>オーナーの名前の部分をタップ
  2. iCloud>メモを「オン」にする
  3. メモアプリを起動
  4. ICLOUDとほかのメールと紐づけられたフォルダが2種類あるので、 ICLOUD のメモをタップし、新規作成
  5. キーボード上部にカメラボタンが出てくるので、書類を撮影する
  6. 画像は自動補正され、メモに保存できる

つまり、いつも開くメモ画面には、スキャン機能がないけど、

iCloud(アイクラウド)のメモには出てくるということです!

普通に気付かないし、こんなに便利なのに使ってなくてもったいなかったです、、

実際の画面で見てみましょう。

ずっと使っていたメモアプリ画面

まずは、いままで使っていたメモアプリ画面です。

ネットの情報に載っているスキャン機能を呼び出す「+」ボタンやカメラマークは、どこを探しても見当たりません。

iPhoneが古いせいかと思いましたが、iOSは最新なので問題ないようです。

設定を確認してみる

さっそく、設定>自分の名前>AppleID>iCloudに進むと、メモはすでにオンになっていました。

オフの方はメモを「オン」にしましょう。

オンにすると、 iCloud にメモを保存でき、ほかの端末ともデータを同期できます。

オンにして、 iCloud のメモから開く

筆者の iCloud のメモはオンになっているのに、「+」もカメラマークも出てきません。

メモの「<フォルダ」をタップすると、「ICLOUD」と「ほかのメールと紐づけられたフォルダ」が2種類あるので、 ICLOUD のメモから新規作成してみました。

すると、カメラマークが無事出てきました!

これでコピーするまではないけど、しばらく取っておきたい書類をデータで保存できます。

保育園・幼稚園・学校・習い事・塾関係の書類控えなど、紙を増やさなくてもいつでも見ることができるので便利です。

書類スキャン機能はもともとEvernoteで使っていたのですが、スキャンアプリなしでも使えるのでとても便利になりました!

ICLOUD のメモ機能は多機能!

iPhoneのメモの最新機能を使うには、下記の設定が必要です。

  1. iPhone、iPad、iPod touch に最新バージョンの iOS をインストール、描画をアップデート
  2. メモ App を iCloud でオン、またはメモをデバイス本体に保存。ほかのメールプロバイダでは、メモの機能を使えない場合がある

筆者は、深く考えずにGmailのほうで使っていたので、最新機能が使えなかったようです。

公式サイトでは、最新のメモ機能が載っていますが、次の機能が便利だと思いました。

  • 書類スキャン
  • 表・リスト作成
  • ブログのように文章構成ができる
  • 共有も簡単

Evernoteで使っていた機能は全部そろっています。(もともと使いこなせていなかったこともありますが。)

iPhoneのメモで充分使えます!

まとめ:iPhoneのメモはiCloudで最新機能を使おう!

いくら便利な機能がアップデートされても、必要な情報を得ていないユーザーは、筆者のようにデフォルトのまま使っていることが多いでしょう。

やり方自体は簡単なのに、最初のところでつまづいてせっかくの便利機能を使いこなせなかったらもったいないですよね。

iPhoneのメモ機能をもっと便利に使いたい方のお役に立てれば幸いです。

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。
雑記
スポンサーリンク
結衣2020