【親もクタクタ】子どもが病気で登園できない日の過ごし方6選

保育園生活
この記事は約5分で読めます。

この記事では、未就学児の子どもが病気で幼稚園や保育園に行けない日の過ごし方のアイディアをまとめました。

具合が悪いので、もちろん受診して自宅で静養することがメインとなりますが、症状のピークを過ぎると、案外子どもは時間を持て余してしまうもの・・・

また、お母さん・お父さんもやることがいろいろあり、終日子どもの相手をするのもしんどいですよね。

そんな方に、【自宅でできる一人遊び多めの過ごし方6選】をご紹介いたします。

筆者の場合

みなさん、お子さんが体調不良で休んでいるときは自宅でどのように過ごされているのでしょうか。

筆者の場合、子どもが入園後は体調不良が頻発し、何度も保育園を休みました。
いまも入園当初ほどではないですが、やはりちょくちょく休みます。

でも子どもだからか、かなり高熱でも寝込むことはないですし、まだ登園許可は出ないけれど身体は元気になってきた期間は、子どもも親も時間を持て余してしまいます。

いまは昼寝もしません・・・

元気になってきたと言っても病み上がりなので遠くの外出は避けたいですし、自宅で静養しながらできるネタが必要になってきます。

室内遊びのアイディア6選

一人遊びが得意な子は、こんなことではあまりは悩まないと思います。
絵本やお絵かき、ブロック遊びなどで十分一人で遊べるでしょう。

うちの場合は、一人遊びが苦手で「ずっと構って!!」なタイプなので、遊び相手は必須です。
YouTubeなどの動画を渡せば一発で静かになりますが、脳の発達面からもあまり動画漬けにするのはためらわれますよね。

それに体調が悪いときは、意外と長く観るのは疲れてしまうようです。

動画以外でなんとか静かに有益な時間を過ごせないか・・・

以下に筆者が実際にやっていることをご紹介いたします。

受診の帰りに幼児雑誌やシールブックを買っておく

受診の帰りに、子どもの体調が大丈夫そうであれば書店に寄り、新しい幼児雑誌やシールブックを買って帰ります。

新しい雑誌は、ワクワク感がいっぱいで食いつきがとてもいいです。

1、2歳は一人で読むことは難しいですが、3歳以降はシール遊びやペンでなぞり書きなどが1人でできるようになります。

一人でできるように親がセッティングしたら、しばらくは集中して見てくれます。

シールブックは一人遊びしやすいですね。

ねんど遊びをする

カラーねんどのストックを買っておき、子どもに新品を渡すとしばらくは集中してねんど遊びをしてくれます。

せっかく時間があるので、一気に全色のねんどを出してダイナミックな作品を作ってみるものいいですね。

おりがみをする

おりがみも事前に買っておくと便利なアイテムです。

自分で折れる子は本を見ながら新しいおりがみをやってみたり、うまく折れなくても好きなように折ったり破ったりするだけでも子どもは楽しんで遊びます。

ママ、折り方教えて!!

一緒にやってよー!!

と、ママと一緒にやるのがデフォルトの場合は、親も一緒に付き合う必要がありますが・・・

お絵かき、ぬりえをする

絵を描くのが好きなお子さんは、紙とペン・クレヨンがあれば集中して取り組んでくれますね。

わが子の場合はすぐ飽きてしまい、あまり続きません。

知育教材を一緒にやる

以前総合病院を受診したときに、待合室で幼児用のドリルをやっている幼稚園児のお子さんがいました。

そのときは具合が悪いのに勉強とは大変・・・と思ったのですが、これ、勉強が好きな子にとってはきっと「自分がやりたくてやってること」なんですよね。

病院の待合室はお父さん、お母さんのスマホで遊んでいるお子さんが多いですが、普段まとまった時間が取れないなら、静養時間を利用して勉強してしまうのもありですね。

ただ、体調は悪いので無理は禁物ですが・・・

メイキングトイで遊ぶ

4、5歳になると、かなり手先が器用になってきます。

工作が好きなお子さんは、メイキングトイをやってみるのもオススメです。

いまは「メイキングトイ」と呼ばれるおもちゃがたくさん販売されています。
自分で作る過程が楽しいですし、作ったあとは作品が残りおもちゃとしても遊べます。

筆者は以前、友達のお子さんに「ぷにジェル」シリーズのメイキングトイをプレゼントしたことがありました。

友達はしばらく眠らせておいて、「外遊びができない日に出してやったよ!」と言っていました。

いいアイディアですよね!

ビーズや編み物、アクセサリーキット、DIY系など、時間があるときにおもちゃ屋を物色して買っておくとお子さんは喜びますよ!

対象年齢が高めですが、上のお子さんがいるならこんなメイキングトイもオススメ。

  • 小さい食品サンプルが作れる クッキンぷっちんシリーズ(対象年齢8歳以上)
  • 女子向けDIYセット ねじハピ(対象年齢6歳以上)

まとめ

専業主婦のお母さんは、 病気や天気が悪いときの子どもの相手を普段から当たり前にやっていて、さまざまなネタをお持ちだと思います。

でも、兼業主婦のお母さんは普段のバタバタから、なかなかそこまで手が回らないのが現実ではないでしょうか。(筆者の場合)

特に、一人遊びが苦手なお子さんはママにべったりで、お母さんも気が休まるときがありません。

子どももお母さんも楽しめて気分転換ができるアイテムを普段から準備しておくと、きっと役立つと思います。

お子さんの体調が回復し、一日でも早く日常生活に戻れることをお祈り申し上げます。

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。