子育て中でも「冷えとり」を続けたい!ゆるく続ける冷えとり法

買い物
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

数年前に「冷えとり健康法」というのをやっていました。
冷えとりに関しては、関連書籍を読むなどして、正しい方法で続けることが前提になりますが、

ぶっちゃけ手間のかかる健康法でした・・・

この記事では、忙しい主婦でも続けられる【ゆるい冷えとり健康法の実践】についてまとめました。
私の実践している【二重靴下】【シルク毛布】をご紹介いたします。

スポンサーリンク

冷えとり健康法の基本

「冷えとり」はその名の通り、体の冷えを取ることです。
詳しくは冷えとり健康法の生みの親である進藤義晴氏、 進藤幸恵氏の書籍にあります。

冷えやすい下半身を温める頭寒足熱が基本になります。

冷え取り健康法の実践は次の4つです。

  1. 37~39度のお湯で20分以上半身浴
  2. 靴下の重ね履き
    (まず五本指シルク→綿・ウール・麻五本指をベースに、先が丸い靴下を素材を変えて重ねていく。10枚履く人も!!)
  3. 食べ過ぎないで体を温める食材を食べる(根菜、海藻、発酵食品など)
  4. 心の冷えを取る

1~3を中心に、できる範囲で続け、体を温めるように意識して生活していました。

実際の効果

まず目に見える効果として、靴下に穴が開きます。
これは化繊の靴下を履いているときにはほとんど起こらなかったことです。

これは好転反応(めんげん)と呼ばれ、穴の開いた場所から冷えている・弱っている臓器が分かります。
冷えとりする方あるあるですが、靴下が破けると体内の毒素が出た!と喜んでいました。
毎日30分以上半身浴をして、汗ダラダラで毒出し!と思っていましたし、実際に風邪を引きにくくなったり、慢性的な頭痛が収まっていたりしていました。

安くはない靴下を大量に購入するので、ちょっとした穴だとシルクの糸で繕ったり、手間のかかる生活をしていました。
安産だったのは、自分の中では身体を温めていたからだと思っています。科学的に実証はできませんが・・・

子どもがいたら冷え取りどころではない

出産後も冷えとりは続けたいと思いつつ、それどころではない日が続いていました。

冷えとりが難しい理由

最低4足(8枚)の靴下をおしゃれ着用洗剤で別洗いして干す暇がない。

冷えとりをしていた頃は、独身だったので、靴下が何十枚あろうが平気でした。
(それでも洗濯物干し全部が靴下・レギンスで尋常じゃないと思っていましたが(-_-;))

子どもが生まれると、一気に洗濯物が増えて、1日に何回も洗濯するようになります。
慣れない育児をしながら靴下を何十枚も洗う・重ね履きするのはとても無理でした。

半身浴??そんな悠長なことをしている時間はない

もう一人でお風呂に入ることはしばらく無理、入れたとしても子どもが待っているのでさっさと出ないといけないので、何十分も半身浴をしている時間はありません。
5分全身浴ができれば十分かなという感じで、入浴して汗をかくこともなくなってしまいました。

食事も子どもが中心で自分のことは余裕がない

離乳食が始まると、しばらくは子どもの分は別で作る必要があるのと、家族の好みもあり、自分の食べたいものだけを食べる食事はできなくなりました。

時間の使い方が上手い人は、しっかり両立して身体を冷やさない食事を継続できるのかもしれませんが、私には無理でした。
ストレスで控えていたお菓子(体を冷やす食品)も食べまくり。

心の冷えとか振り返っている余裕はない

主婦になると、家族・子どものタスクに追われます。
心の乱れが内臓に悪影響を与えると言っても、だから何か対策ができるのかと言えばできない。
今もイライラしたり落ち込むことも多いですが、基本自分の感情は放置です。

それでも冷えとりは完全にやめたくない

以上のように、出産後は日常生活に冷えとりを組み込むことは非常に難しかったです。
子育てをしながらも継続している方を尊敬します。

ただ、やはり身体は冷えているという実感はあるので、できる範囲で冷えとりを続けたいと思い、いろいろ探したのがこれです↓↓

内側がシルク、外側が綿になっている二重の靴下です!

重ね履きをすることなく、重ね履きに近い効果が得られます。
今はこの靴下を履いて、子どもの洗濯物と一緒に石鹸洗剤で洗う。これが限界です。

おそらく靴下を4枚履きしていた頃には戻れないでしょう。
そこまでする気力・労力は今後持てない気がします。
でも1枚履くだけなら続けられそうです。

あとは、寝るときに【シルク毛布】を2枚使っています。
解毒効果が高いと言われるシルクで寝ている間の毒素を吸い取ってくれると
いいな~~と思っています。
掛け毛布とシーツ代わりに敷いてサンドイッチ。
薄いけど暖かいです。

二重靴下も破れる

この靴下も大体いつも同じ場所が破れてきます。

左足のかかと部分です。
足の裏の内臓を表す図を見ると「腹膜・性器・腎臓」

きっとこの臓器が弱っていたり、毒素が溜まっているんだろうと思うます。
なぜか右側は破れません。
半年ほどで破れて買い替えています。

五本指靴下は脱いだときに恥ずかしいのですが、足指が開く感覚が快適で、汗の臭いもまったくしません。
シルク素材はやっぱりいいのだと思います。

ただ、この靴下が破れる瞑眩(めんげん)ですが、天然素材だから摩擦に弱いのもあるのかなとも思っているのですが・・・
でも、そうすると右足も破れそうですよね。

不思議です。

まとめ:ゆるく冷え取りしたい人におすすめ

この記事では、冷えとりを実践していた私の体験談と、ずほらながらもゆるく続けていく方法についてまとめました。

冷えとりは確かに効果を実感できた健康法ですが、靴下やインナーを大量に購入・洗濯したり、ファッションが限られたりと、実際やってみると大変な面もありました。

私が今履いているこの靴下は、冷えとりの入門靴下としてもおすすめなので、ぜひお試しください。

内容は個人の感想になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
※記載内容は記事掲載時のものになります。価格や内容は変更している場合がありますのでご了承ください。